MIU404 1話のネタバレと感想/カーアクションに見応え!志摩・伊吹の正反対コンビ誕生!

6月26日放送のドラマ「MIU404」第1話のネタバレと感想についてまとめていきます。

ネタバレを読む前に動画を見たい方は「MIU404」1話の動画を無料で見る方法を参考にしてください。

 

スポンサードリンク

「MIU404」1話のネタバレ

警視庁の働き方改革の一貫で作られた第四機捜に招集された志摩が、人事トラブルでバディいなくなった為、急遽、奥多摩交番勤務の伊吹を招集した。

志摩が、周りに聞いたところ足が速いという情報だけで不安を感じていたが、第一印象は礼儀正しくかったので安心していた。

しかし、二人が車で巡回時、あおり運転にあったことで伊吹が切れて乱暴な運転し、あおり運転の車を止めた。

運転手言い合いになり、応援のパトカーが来るなど騒動になり、ネットでも流された。

事件の連絡が入り駆けつけると、あおり運転の男性が頭を殴られた事件だった。

捜査の結果、犯人は車のナンバープレートを変えながらあおり運転をしていた男とおもったが確証がないため、第四機捜の4人で捜査をし、犯人の車両を追い詰めた。

志摩と伊吹は、犯人を確保し、マリファナも持っていたことがわかりお手柄だったが、捜査途中に車を廃車にしたことで桔梗隊長からお叱りを受けた。

「MIU404」1話のゲストはこちら>>

スポンサードリンク

「MIU404」1話の感想

奥多摩の交番勤務の伊吹の事を聞き回っている志摩がとても不安があるんだなと思いました。聞く人みんないいところは足が速いことしか言わないので、益々不安だったろうと思いました。第一印象は良かったけど、一緒に車に乗っているときの変貌が怖かったんじゃないかなと思いました。伊吹は正義感が強いとは思うけど、行動が感情のままって感じなので、バディの志摩は気苦労しそうな感じがしました。伊吹と志摩の運転技術に驚きました。最近の刑事ドラマではめずらしい公道を使ったロケで、車が廃車になっていたからすごく驚きました。

陳馬の、相方になった若手の久重が警視庁の息子であっても驚かないところに、ベテラン性を感じました。
久重がつんつんしているところは、今時の青年だと思いましたが、あおり運転の恐さにびくびくしているところは、
「強がっていたんだな。」とどこか可愛く見えました。
自分が仕事で新人だった時のことを、1話を見て思い出しました。久重とは正反対で、自分は仕事が出来なくてどこか伊吹と似ていた記憶があります。
ですが「先輩を立てろ。」と言われたこともあり、理由はわかりませんが威張って見えたところがあったみたいでした。
なので、無意識に久重みたいな行動を取ることが、誰にでもあるかもしれないと1話を見て思いました。

警視庁“機動捜査隊”(通称:機捜、MIU)が新設され、各所轄から集められた404チーム。
常にテンション高くおちゃらけているかと思いきや、天才の勘⁈で、犯人をじわじわ追い詰める。警察らしからぬ権力を見せつけても犯人を捕まえる姿勢に周りもハラハラ。
そんな綾野と、常に冷静沈着でありながら自分も他人も信じないとまで言い、でも熱い気持ちで犯人を追い詰める星野。過去に何かがあり垣間見せる複雑な表情が今後気をなるところである。そんな2人がバディを組み、初動からわずか24時間というタイムリミットの中で犯人逮捕にすべてを懸ける!スピード感と最近ではほとんど見ないカーアクションや、急ハンドルでトラックを交わすシーン、車の前に入り込み体当たりで歩行者を守るシーンがごたえありました。

『逃げ恥』『アンナチュラル』の脚本家・野木亜紀子によるオリジナル脚本と聞くだけでこれは是非とリアルタイムで見なければと思わせられました。
良い人のイメージのある星野源を闇のあるちょっとやなヤツ風な役と言うのも新鮮で好きです。それに対照的に天神乱漫、破天荒でも憎めずな綾野剛とのペアがテンポも良くあっという間に見終わりました。カーアクションはドラマで見れるのが本当にスリリングで、久々にワクワクするドラマだ!と思いました。

「MIU404」2話のあらすじやゲストなどの概要はこちら>>

スポンサードリンク

まとめ

「MIU404」第1話のネタバレと感想をまとめていきました。

「MIU404」を最新話まで全話無料で見る方法はこちら>>

 

 

タイトルとURLをコピーしました