「半沢直樹2」最終回の結末予想/ラストオチはどうなる?

半沢直樹2

待望の「半沢直樹2」のドラマ化。

展開だけでなく出演者やその演技は気になるところです。

しかし、気になるのはなんと言っても最終回の結末なのではないでしょうか?

前回のドラマで衝撃を生んだ半沢直樹シリーズの最終回が今回はどうなるかを予想していきたいと思います。

【参考】半沢直樹の一挙放送(再放送)予定はある?地域ごとの放送日時を正確に知るには?

 

スポンサードリンク

「半沢直樹2」原作ラストはこうなる!

東京セントラル証券に出向した半沢は、営業企画部部長として就任しており、業績が振るわないこの会社を再建する必要がありました。

そこにIT大手の「電脳雑技集団」の平山社長からライバル会社である「東京スパイラル」という企業を買収したいという相談を受けます。

 

 

しかし、平山社長に対しての提案が遅すぎたことから東京中央銀行がこの案件を卑劣な手段で横取りしてしまいます。

ところが、東京セントラル証券は部下の森山が、東京スパイラルの瀬名社長と同級生でありコンタクトを取ります。

この二人の縁から半沢と瀬名社長も面識を持ち、東京スパイラルのアドバイザーを任されることとなりました。

 

これがきっかけで買収戦争は東京セントラル証券と東京中央銀行という親会社・子会社での敵対勝負となっていきます。

一時は負け戦になる事態も想定されましたが、半沢は電脳雑技集団の粉飾を見抜きます。

 

電脳雑伎集団の粉飾の事実を、半沢は取締役会でつきつけ、東京中央銀行の電脳雑伎集団への増資は中止となり、買収も失敗に終わりました。

結果半沢は、東京スパイラルを守ることに成功したのです。

 

しかし、今回の半沢への恨みで東京中央銀行側は半沢を電脳雑伎集団の再建のため、出向させるように根回しされてしまいます。

ところが、中野渡頭取によって、粉飾を見抜けなかった責任をとらされる形で、根回しをしていた派閥の者達(伊佐山と三笠副頭取ら)は電脳雑伎集団へ出向させられ、
半沢は、再び東京中央銀行営業第二部 次長に返り咲いたのでした。

 

その後、無事行員として返り咲いた半沢の最初の案件は、中野渡頭取直々に依頼されます。

内容は、他部署が行っていた民間航空会社・帝国航空の業績悪化の再建です。

再建に向けて動き出す半沢ですが、帝国航空は貸し付けていた債権を7割カットする様に一方的に要求してきます。

 

さらに立て続けに、金融庁黒崎が東京中央銀行に帝国航空の与信判断について異例のヒアリングに入るという情報が入ります。

改ざんの疑いや資料の捏造疑惑が騒がれる中、冷静に半沢は対応し、金融庁のヒアリングを乗り切ることができましたが、後日業務改善命令を受けた東京中央銀行は、債権カット案の最終判断を迫られます。

 

債券カット案を銀行が飲まなくていけない理由は、合併前の旧東京第一銀行が行ったさまざまな不正融資を、帝国航空に知られている為でした。

しかし、記者会見当日に半沢は、債権7割カット案を断固として拒絶しました。

 

さらに、過去旧東京第一銀行が政治家と癒着して融資した黒歴史を自ら発表したのです。

半沢自ら銀行の過去の黒歴史を公にしたことに対して中野渡頭取は半沢を執務室に呼んで、今回の苦労をねぎらいます。

 

そして今回の責任を取る意味も含めて自ら頭取を辞任する決意を述べ、
物語は終了するのでした。

「半沢直樹2」原作のネタバレ詳細は下記リンクより↓

「ロスジェネの逆襲」の結末までのネタバレあらすじと感想

「銀翼のイカロス」結末までのネタバレあらすじと感想

 

スポンサードリンク

ドラマ「半沢直樹2」最終回の結末予想

ドラマ「半沢直樹2」の最終回は原作とは違う展開で終わると思われます。

私の予想だと銀翼のイカロスラストの会見後、部長に栄転し物語の幕は閉じると考えます。

 

原作では銀行の黒歴史である不正融資を半沢が記者会見で明かし、その融資の責任を取る為に中野渡頭取が辞任する決意をします。

そして辞任する話を聞き、半沢が組織を変える為には上に立たなければならないと強く思い、中野渡頭取の意志を引き継ぐ決意をし、物語が終わります。

 

このような形で原作は終了するのですが、前回のドラマの様な終わり方を期待している視聴者にとっては盛り上がりに欠ける可能性があると考えられます。

 

そこでドラマでは記者会見の際の半沢の冷静な対応力と帝国航空の案件の判断が買われ、最後に中野渡頭取に部長へ昇格する旨を告げられると考えます。

中野渡頭取から昇格する旨を聞き、改めて俺がこの銀行を変えていかなければならないと半沢が強い想いを抱くシーンで終わる事により視聴者にとってもわかりやすい内容になるのではないでしょうか。

 

また、この締め括りにすることで前作では銀行に出向という内示でやり返された半沢でしたが、今作で昇格する事により見事に物語全体で銀行や悪い上司たちに「倍返し」をしたというメッセージになると考えられます。

 

しかし、気になるのが公式サイトで発表された登場人物で大和田常務が出演予定だという事。

こちらの記事にも書いたように、原作で登場するシーンが「ロスジェネの逆襲」、「銀翼のイカロス」ともにない為、
最後に完全オリジナルの内容になって登場する可能性も出てきました。

 

原作とはかけ離れてしまいますが、別の記事にて予測させていただいた平取締役として銀行に戻り、派閥争いで半沢と最終的に対峙するシーンがあってもファンとしては見所ですね。

出向先で銀行に戻ってきて1年で次長から部長に昇格は現実のサラリーマン人生では早々考えられない内容ではありますが、ドラマだからこそできる盛り上がりのある演出になるのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

まとめ

前作の最終回は衝撃的で驚異的な視聴率も誇る半沢直樹シリーズ。

今回は戦う案件のスケールも大きくさらなる期待ができそうですね。

 

原作ファンもドラマファンも最終回を一緒に想像しながら見てみてはいかがでしょうか。

「半沢直樹」前作を唯一見る方法

 

タイトルとURLをコピーしました