テセウスの船でみきお(子供時代)がボイスレコーダーを手に入れられた理由が衝撃的・・・

テセウスの船でみきお(子供時代)がボイスレコーダーを手に入れられた理由が衝撃的・・・

ドラマ「テセウスの船」第6話では加藤みきおが真犯人であることが判明。

最後に心はみきおに襲われ、再び過去に戻ってしまいますが、みきお(大人版)の証言を記録したボイスレコーダーが何故かみきお(子供版)の手元にあるという不可解な出来事が起こっていました。

何故子供版みきおはボイスレコーダーをゲットすることができたのか?

原作を元にネタバレしていきます。

*ネタバレを知りたくない方は絶対に読まないでください。

【オススメ記事】「テセウスの船」心は本当に無能なのか?役立たずでイライラするという声が多いが・・・

 

スポンサードリンク

 

テセウスの船で子供版みきおがボイスレコーダーを手に入れられた理由

「テセウスの船」第7話からは、心が再び過去にタイムスリップする前に録音したボイスレコーダーを元に、子供時代の加藤みきおが心を食い止めようとしてきますが、

何故子供時代のみきおがボイスレコーダーを手に入れることができたのでしょうか?

 

ちなみに第7話の予告はこちら↓

 田村心(竹内涼真)は、現代で一連の犯人が木村みきお(安藤政信)だと知った途端、再び平成元年にタイムスリップしてしまった。音臼小事件まであと二日。心は文吾(鈴木亮平)と共にみきお少年(柴崎楓雅)を追うが、村から忽然と姿を消していた……。
みきおの消息がつかめず焦る心は、歴史が変わった現代で和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)が心中していると文吾に明かしてしまう。最悪の未来を知った文吾は取り乱し、絶対に事件を止めなければと空回りし、家族と村人との間に溝が出来てしまう。事件を前に早くもバラバラになりかけた家族を、心は必死でつなぎ止めようとするのだった。
そして、みきおは計画を邪魔する心を消そうと、和子の命を狙おうと画策する! 家族のピンチを心と文吾はどう乗り切るのか……!?

出典: www.tbs.co.jp

「タイムスリップして倒れている心をみきおが発見し、手元に落ちているボイスレコーダーを拾った」ということが考えられますが、

原作通りに行けばそうではありません。

 

なんと、大人版みきおも過去にタイムスリップすることができていたのです。

そして、大人版みきおは子供版みきおに接触し、様々なアドバイスをしていきます。

 

ちなみに心は大人版みきおまでもがタイムスリップできることは知らず、知恵のあるみきおに翻弄されていきます。

2人の戦いの結末がどうなるのかについては「テセウスの船」の結末を読んでみてください。

 

原作漫画の世界観を噛みしめながら読みたい方は、「テセウスの船」10巻分を格安で読む方法を参考にしてください。

 

ちなみに原作通りに行けば真犯人は加藤みきおなのですが、「原作とドラマでは犯人が違う」という公式情報も出ています。

そんな中で浮上しているのがまさかの鈴犯人説。

こちらは読み物として興味のある方はよければ読んでみてください。

鈴犯人説について

 

スポンサードリンク

 

まとめ

「テセウスの船」で幼少期の加藤みきおがボイスレコーダーをゲットできた理由についてまとめていきました。

ドラマも第1話から見直すと新たな発見があるので、ドラマももう一度見直してみましょう!

「テセウスの船」最新話までを全話無料で見る方法

 

 

テセウスの船カテゴリの最新記事