「シロクロパンダ」USBの3つ目の中身は?第2話ネタバレあらすじと感想・考察

「シロクロパンダ」USBの3つ目の中身は?第2話ネタバレあらすじと感想・考察

<<シロクロ1話のネタバレあらすじと感想・考察

2020年1月19日放送のドラマ「シロクロパンダ」第2話のネタバレあらすじと感想・考察についてまとめていきます。

レンとリコの謎、直樹の父親が残したUSBの中身など、新たな疑問が生まれた回でしたが、これらについて考察していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

シロクロパンダ2話のネタバレあらすじ

心の叫び

直輝とレンが初めて会った日、檻から出して欲しいというレンの悲痛な心の叫びが聞こえてくる。それから興味を持ち、偶然を装ってレンの名前を調べ、初診記録を見て連続放火事件に巻き込まれていた事を知る。犯人は未だに捕まっていなかった。

レンを試す為にパンケーキを食べに誘い、蜂蜜をかける事で暗示をかける。こうしてミスパンダが誕生する。

 

不正入学

直輝が大学の外のベンチに座っていると、必死に手を振るレンの姿を見つける。側に近寄り声を掛けていると、突然悲鳴が聞こえてくる。学長に向かってナイフを突き付ける学生がいた。

学校を落とされた不満を言い、学長を刺す。学生達が逃げ惑う中、立ち尽くすレンに犯人がナイフを振りかざそうとするが直輝が守る。学長の息子俊一の成績表が流出し、不正入学の疑いがあった為、大学側は説明に追われていた。Mr.ノーコンプライアンスの次の案件は、大学の不正入試についてだった。

 

蘇る過去の記憶

レンがバイト先に行くと、楓がレンと囲碁の勝負しようと待っていた。しかし常連達により阻まれ、レンはコーヒーを淹れる準備をする。ライターの炎を見た瞬間、炎に包まれている光景を思い出し、その場に座り込む。姉が燃えていると呟く。

レンは帰宅し、棚に飾られた写真を手に取り、自分だけが生きている事を謝罪するのだった。直輝は自宅で筋トレをしながら、父親の事を思い出していた。遺体発見現場から、死ぬ前に飲み込んだと思われる遺留品が見つかる。

 

それは直輝がプレゼントで貰ったパンダのぬいぐるみの目で、目が抜けた部分にはUSBが隠されていた。3つあるファイルの内2つには、少女を誘拐するコアラ男の姿、娘を返して欲しいとマスコミの前で必死に頼む佐島の姿があった。レンとパンケーキ屋を訪れた直輝は、暗示をかけてミスパンダを呼び起こす。

直輝から今回の案件の説明を受けたミスパンダは、突然激しい頭痛に襲われ、炎に包まれた光景を思い出す。何の出来事か思い出せず、直輝は心配そうに見つめていた。

 

裏切り行為

全日テレビの神代は真実を公表する約束をし、俊一の独占インタビューをする。大学では第三者委員会が開かれ、そこに突然ミスパンダが乱入して来る。不正入試問題の黒幕はこの中にいるとして、見当違いの人物の名を上げ去って行く。

直輝は恋人の梓と父親の佐島との食事会に参加する。梓がコアラ男に誘拐された話になると父親は無言となる。コアラ男は未だに捕まっていなかった。

 

直輝がアジトに行くと、待ち侘びて退屈していたミスパンダが攻撃を仕掛けてくる。直輝は華麗にかわし、ミスパンダから第三者委員会の音声を受け取る。直輝はお礼を言い、ミスパンダを抱きしめ、お疲れ様と暗示を解く。

神代は俊一との約束を破り、呆れた言い訳と題して放送する。俊一に対する世間の風当たりは益々強くなり、俊一は原因を作った父親を殺そうと病室に侵入する。

 

黒幕

副学長は学長が亡くなった知らせを受け、副学長室で柳本と喜び合っていた。そして不正入試問題の会見を開き、学長が不正行為をしていた事を認める。するとスクリーンにミスパンダの映像が映し出される。

そこには合コンに参加する柳本の娘の姿があった。娘の会話から柳本の不正が明かされるが、何も語らず副学長と共に退席して行く。副学長室に戻った副学長と柳本は口論となる。

 

副学長は学長になる為に柳本と手を結び、俊一の成績表をねつ造して公表。柳本は裏口入学をさせる事でお金儲けをしようとしていた。潜んでいたミスパンダに指摘されるが、2人は認めようとせず、すると息子と共に亡くなったはずの学長が現れる。

ミスパンダは父親を殺害しようとしていた息子を説得し、真相を暴く協力を要請していた。この様子は隠しカメラにより放送され、学長と息子の潔白が証明される。神代は放送室内に人影を見つけ隠し撮りをし、以前の事件にも姿を現していた直輝だと気付く。

 

消したい記憶

マスターの加藤は、レンが10年前の記憶に怯えている事を担当医の門田に相談する。レンの母親は看護師にもう1人娘がいた事を話す。写真の塗り潰された部分を触り、リコが死んでくれて良かったと笑う。その様子を見たレンは、ある場面を思い出す。

母親と娘が楽しく食事する中、もう1人の娘が母親から投げつけられたバナナを檻の中で美味しそうに食べていた。レンは悲しげな表情を浮かべ、病室を去って行く。

シロクロ2話のあらすじを動画で細かくチェック!

 

スポンサードリンク

シロクロパンダ2話の感想・考察

ミスパンダの今回のミッションは、大学の不正入試問題の黒幕を暴く事。最初は学長が自身の利益の為に、息子を不正入学させていると思っていました。しかし、黒幕は副学長と元文科省の柳本でした。副学長は学長になる為、柳本はお金儲けの為に行っていました。

 

己の利益の為に正当に大学に入学した息子の成績表をねつ造し、息子と学長の立場を悪くしました。世間から厳しい批判を受けて、息子はとても辛かったと思います。ミスパンダが事件を解明し、真実を暴いてくれて本当に良かったです。

あのまま濡れ衣を着せられていたら息子は大学にも居づらくなり、精神を病んでいたかもしれません。これからは学長が、そんな事が起きないように改善していってくれると思います。今回の話しの中で、レンにまつわるエピソードが出てきました。

 

幼き日に連続放火事件に巻き込まれていました。その時の記憶を思い出そうとするが思い出せず、閉ざされた記憶に隠された真実とは一体何だろうか。母親が入院先で語った、もう1人の娘リコ。

母親はレンの方を溺愛し、もう1人の娘には冷たい態度を取っていました。何故2人の間にそんな差が生まれてしまったのだろうか。レンは檻から出して欲しいという事を心の中で叫んでいました。

 

ここから考えられるのは、レンが母親に冷たく当たられていた側だという事になります。しかし、母親はレンを溺愛していた。レンはやはり偽物で、本当の名前はリコというのではないかと思い始めてきました。

また直輝の父親が残したUSBに関しても気になります。佐島議員の娘梓がコアラ男に誘拐されていましたが、亡くなったレンの父親は、この事件を捜査する中で亡くなったのかも知れません。3つ目のファイルの中身が気になりました。

 

【レン親子の事件や直樹の父親の事件に関する考察記事】

「シロクロパンダ」レンの父親は佐島源造であずさの姉妹説を考察!

シロクロパンダ コアラ男の正体は直樹の父・森島哲也(田中圭)?

 

スポンサードリンク

まとめ

「シロクロパンダ」2話のネタバレあらすじと感想についてまとめていきました。

レンの過去や直樹の父親の謎は毎話ゆっくりと進行している状況ですが、毎話少しずつ核心的なことが明らかになっていくと思うので、毎話見逃さないようにしたいものです。

>>シロクロ3話のネタバレあらすじと感想・考察はこちら

>>最新話までの再放送日程はこちら

シロクロパンダカテゴリの最新記事