シャーロック特別編のネタバレあらすじと感想

シャーロック特別編のネタバレあらすじと感想

2019年12月23日放送のドラマ「シャーロック」特別編のネタバレあらすじと感想をまとめていきます。

 

スポンサードリンク

シャーロック特別編のネタバレあらすじ

謎の女性ジャーナリスト

獅子雄が守谷と共に海に転落してから1週間が経ち、現場では警察による捜索活動が続いていた。何も手掛かりは見つからず、日に日に警察の捜索は縮小していた。若宮は毎日現場に訪れ、捜索活動の様子を眺めていた。

そんな若宮にフリージャーナリストの門司が声を掛ける。獅子雄の功績を後世に残したいと言うが、若宮は何も話す事は無いと伝える。鍵が開く音で若宮が目覚めると目の前には管理人の波藤が立っており、そこへ門司も現れる。

 

門司は報酬として滞納している家賃の支払いをしてくれていた。門司は獅子雄とは一度会った事があり、若宮が書いた記録を読み、事件についての客観的事実は詳しく記されているが決定的に足りない物があると指摘する。

獅子雄に関わった人達の想いが無く、それこそが獅子雄がこの世に存在する意義だと話す。獅子雄の手掛かりを見つける為、獅子雄に裁かれた犯罪者を門司が取材をし、若宮は獅子雄に助けられた人物を訪ねる事となる。

 

被告人と救われた者

門司は最初の事件の被告人赤羽に会いに行く。獅子雄に対しては最初から悪感情を抱いていて、夫の死が無駄になってしまった事に怒りを感じていた。獅子雄が死んだかもしれないと聞き赤羽は笑みを浮かべ、獅子雄により逮捕された者は誰一人反省していなく自己満足の正義だと話す。

 

その言葉を聞いた門司は笑い、赤羽の事を絶望的な人だと見下す。赤羽は怒りに震え暴れ出し、看守に取り押さえられてしまう。若宮は以前の事件で好意を寄せていた美沙との久々の再会を果たす。獅子雄では無く若宮に助けられたと感謝され、心躍るが恋人を紹介され落胆する。

 

次に門司が会ったのはジム会長の石橋で、獅子雄には感謝をしていると話す一方で、言われたく無い言葉を言われ怒りを感じていた。若宮は母親の墓参りをする細谷潤に会い、獅子雄に関して尋ねるが何も知らないと話す。父親の梶山にも会っておらず、梶山はジムが変わってから益々強くなっていた。

 

墓には優子の好きだった色の花が供えられていた。若宮が帰宅すると小暮が訪ねて来て、門司を守谷の関係者ではと疑っていた。門司は乾千沙子に会い、獅子雄の事を今まで会った中で一番頭が良く、一番人の気持ちがわからない男だったと話す。

 

夫の貴久は息子が自殺した原因を作った町田に関する資料を作成し、町田の事を憎み続けていた。そして妻が出所した際には、息子の遺言通りに妻とやり直そうと考えていた。次に会った宇井は、未だに美樹に対する深い憎しみを抱えていた。

美樹の娘綾香は、獅子雄が自分の事を良く見てくれた事で救われたと話す。そして前を向けるのは若宮のおかげだと、留学資金を貯める為にバイトを頑張っていた。

 

真の目的

若宮は門司の疑いが拭いきれず、目的について尋ねる。すると門司は元夫のDVに悩まされていた過去を明かす。離婚してくれない夫と別れる為、唯一の味方だった義母の協力で死んだように偽装していた。

義母は罪に問われ、警察に何を話しても信じてもらえずにいたが、獅子雄が救ってくれていた。その話を聞いた若宮は、獅子雄が死んだフリをしたのではと考え始める。被告人の長嶺は獅子雄に邪魔され、介護していた銀次の遺産が手に入れられなかったと文句を言う。

 

そして銀次の友人寅二郎は事件後、気が抜けた様子で自ら志願して施設へ入所していた。被告人加藤は、恩ある古賀を裏切った事を悔やんでいた。味覚が鈍った古賀はシェフの道を諦め、食品サンプルを作る仕事に意欲を見せていた。

目で見ながらワインを楽しむ店を出所後の加藤と共に行おうとしていた。そして門司が最後に会ったのは市川だった。門司は動物に見立てて獅子雄や守谷の話をし、守谷が行きそうな場所を尋ねるが市川は突然舌を出し、自ら舌を噛み切る。血を流しながら看守に運ばれ、笑みを浮かべていた。

 

3年ぶりの再会

江藤から連絡を受け、若宮と門司が警察署を訪れると獅子雄の所持品を見せられる。コートの中には特殊な耐水加工の施された紙が入っており、若宮に宛てたメッセージが書かれていた。自分に相応しい結末を迎え諸悪の根源を葬り去り、若宮をこの事に関係させない旨が書かれていた。

 

獅子雄の想いが若宮の胸に突き刺さる。若宮は現場の海に花束を投げ入れ、門司に別れを告げる。その後、若宮は獅子雄の様に事件解決に携わるが、その推理に異議を唱える男がいた。3年ぶりに突然獅子雄が姿を現わし、皆涙を浮かべていた。

 

スポンサードリンク

シャーロック特別編の感想・考察

守谷と共に突然姿を消してしまった獅子雄。獅子雄は亡くなってしまったのだろうか、そんな事が頭をよぎる中、若宮の前に突然現れた謎のジャーナリストの門司。獅子雄の功績を後世に残したいと話していましたが、本当の目的は一体何なのだろうか。

 

小暮が疑うように守谷の関係者ではと疑い始めました。しかし門司もまた獅子雄により救われた一人でした。元夫のDVに悩まされ、義母の協力で逃れられたものの今度は義母が窮地に立たされる。

 

そんな2人を救った獅子雄。獅子雄はいつもただ事件の真相を知りたいだけだと言いながらも、事件の被害者や家族にきちんと目を向けているように感じます。獅子雄により逮捕された被告人の中には反省の色が見えず、事件に関する罪の重さを認識していない人達もいました。

 

逮捕された事で反省しているのかと思ったのですが、人の考えというのはなかなか変わらないものですね。被害者や家族達は前に進み始め、被告人達は立ち止まったままのように感じました。獅子雄の所持品が見つかり、コートの中から若宮に向けたメッセージが見つかりました。

 

獅子雄は守谷に会う前からこうなる事を想定していたのでしょうか。事件前から少しずつ若宮と距離をとろうとしていたのは、若宮を巻き込まないようにする獅子雄の配慮だったように感じます。このメッセージを読み、若宮の中で何かが吹っ切れたように前を向き始めます。

 

獅子雄の様に事件現場に立ち、事件の推理をする。獅子雄が乗り移ったかのように見えました。3年が経ち、突然事件現場に獅子雄が姿を現します。

この3年の間、一体どう過ごしていたのだろうか。守谷はどこへ?謎は残りますが、最強コンビが復活した事が何よりも良かったなと思います。

シャーロック特別編の動画はpandoraで見れる?ティーバーやFODでの見逃し配信はされない?

 

シャーロックカテゴリの最新記事