清野菜名の演技力【上手い?下手?】評価や役者としての魅力

清野菜名の演技力【上手い?下手?】評価や役者としての魅力

今、CMがめちゃくちゃ多いなと感じる女優・清野菜名さん。見ない日はないですよね。

しかもどのCMも感じが良くて素敵なCMばかりです。

今回は、そんな清野菜名さんの役者としての一面にスポットを当てていきます。

 

清野菜名さんの演技力に関しては「上手い」という意見も「下手」という意見もありますが、
果たしてどちらの評価が正しいのか、役者としての魅力とともに見ていきます。

 

スポンサードリンク

清野菜名の役者としての魅力

 

この投稿をInstagramで見る

 

おつかれーらいす

清野菜名(@seinonana)がシェアした投稿 –

 

清野菜名さんの魅力は圧倒的な清潔感と正しそうで信用できそうな雰囲気ではないでしょうか。

きれいな女優さんはたくさんいますが、清野菜名さんのような雰囲気を持った女性は芸能界にはあまりいないような感じがします。

 

いわゆる「優等生タイプ」だと思うのですが、そこに威圧感や押しつけがましさはなく、安心感を与えてくれます。

そんな清野菜名さんは昭和設定のドラマととても相性が良く、若い人だけではなく、ご年配の視聴者からの支持も非常に高いです。

 

CMの量の多さからもわかるように、かなり好感度の高い女優さんなので、今後ますます活躍の場を広げていくことが予想されます。

 

スポンサードリンク

清野菜名の演技力の評価/上手い?下手?

清野菜名さんの強みは、アクションができるところなのですが、アクション以外の演技に関しては「下手」と言われてしまうこともあるようです。

 

上手いという評価について

清野菜名さんの演技が上手いという人の意見を紹介します。

 

やすらぎの刻~道

しのという女性に命を吹き込んだ役作りをされていると思います。
少女から妻、母親の過程を自然にリアルに演じられていて引きつけられました。
今どき少ない演技派の若手女優。

正直前作のアザミ役は好きじゃなかったし、
清野さんの演技も無理している感じがありありであまり良いとは思えなかった。
しかし今回のしの役ではなかなかの好演。
まず戦前の農民の娘になりきっているし、性格的に快活だけど時々周りが見えなくなる所を上手く表現している。
やはり役者さんは役によって印象が変わるな、と。

このドラマのしの役は清野菜名さんだという想定で脚本が書かれたということですが、他の雑誌で清野菜名さんを見ても、やはりこの作品を常に意識しているようだししっかり集中して演技しているのがよくわかり、安心して見ていられるキャスティングだと思います。

 

今日から俺は!!

ヒロインだから最初は、橋本環奈と清野菜名は逆なんじゃないかなとも思っていたけど見ているうちに納得できる配役だった。あまりヒロインのイメージがなかったけどすごく似合っていた。アクションも上手くて良かった。

橋本環奈ちゃんが可愛らしいのに対して、清野さんの美しさが際立っています。武道家の娘で風紀委員という設定がぴったりな、凛とした女性をとてもうまく演じられています。三橋とこのまま大人になって結婚してほしいです。

初めて画面で見て、なんて清楚で透明感のある女性なんだとびっくりしました。可愛い見た目と裏腹にアクションシーンが素晴らしいです。素早くしなやかな動きでキックするとき高く飛ぶのがカッコ良く、世界でも通用するんじゃないかと思います。

 

下手という評価について

少数ではありますが、清野菜名さんの演技が下手だったという人の意見を紹介します。

 

今日から俺は!!

先のコメントに大賛成❗
理子ちゃんは橋本環奈ちゃんがピッタリだったと思います❗
なんか彼女だと見た目も喋り方も大人っぽすぎて…理子ちゃんのきゃはは笑いとか意地悪して喜んでるとことか想像できない…

髪型が全然似合ってなかった。演技自体は悪くないと思うんだけど、見た目が原作の赤坂理子っぽくない。
橋本環奈と役柄を入れ替えた方がしっくりくる気がする。
原作では赤坂理子は三橋から「ちんちくりん」と呼ばれるキャラだが、橋本環奈の方がどう考えても「ちんちくりん」と呼ばれるのに違和感がない。
清野菜名だと大人っぽ過ぎて全くちんちくりん感がないと思う。逆に橋本環奈がやっている早川京子役は大人っぽいキャラなので清野菜名で良かったのに。

 

スポンサードリンク

まとめ

今回は清野菜名さんの演技に関する情報をお届けしました。

コメディもシリアスも得意な清野菜名さん。次の作品が楽しみですね。

 

【オススメ関連記事】

横浜流星の演技力【上手い?下手?】評価や役者としての魅力

 

俳優・女優の演技力カテゴリの最新記事