4分間のマリーゴールドの結末ネタバレ【ドラマ最終回を漫画から予想】

4分間のマリーゴールドの結末ネタバレ【ドラマ最終回を漫画から予想】

2019年10月よりドラマ「4分間のマリーゴールド」がスタートします。

最愛の人の命のリミットを知ってしまい、苦悩しながらも一生懸命彼女を愛そうとする主人公を福士蒼汰さんが演じます。

 

「4分間のマリーゴールド」は原作漫画は3巻出ており、すでに完結しています。

今回は原作漫画3巻分のあらすじとそれに基づいたドラマの結末予想をしてみました。

 

スポンサードリンク

漫画「4分間のマリーゴールド」結末までのネタバレ

第1巻のネタバレ

新人救命士の花巻みことには、3人の義理の兄弟がいます。9歳の時に、父が再婚したのです。

みことは、警備員である兄の廉、画家の沙羅、高校生の弟の藍と本当の兄弟のように育ちましたが、実は沙羅に対しては家族愛以上の感情を抱いていました。

 

そんなみことには手を握った人物の最期が見えるという特殊能力がありました。そしてその運命は絶対に変えることはできません。

みことはその自分の能力のことはもてあましながら、救命士の仕事をしていました。

 

そしてみことは、沙羅が今から一年後の彼女の27歳の誕生日に命を終えることを予知していました。

毎年、沙羅の誕生日にはマリーゴールドの花束をプレゼントするみこと。

26歳の誕生日にも例年通りマリーゴールドを贈りました。

 

喜んでくれる沙羅を見ながら、みことはより一層彼女への思いを強くしました。

みことに救命士になることを勧めてくれたのも、父が亡くなったときに支えてくれたのも、沙羅でした。

ある日、沙羅と父親のお墓参りに行ったみことは、墓前でただ一つの願い事をしました。

 

沙羅を助けてほしいと…二度と何も願わないから…と祈り続けました。

→第1巻の序盤だけ無料でサンプルが読めます

 

第2巻のネタバレ

みことは子供の頃の秘密基地だった灯台へと向かっています。そこには、沙羅がいました。

二人の間には確実に姉弟以上の感情があり、この場所で秘密の逢瀬をしていたのです。

 

しかし、兄の廉に見つかってしまい、問い詰められます。沙羅が好きなのかと問われたみことは、正直に好きだと伝えます。

廉はそれを聞いて、みことの家族をやめると言いました。

しかし、みことは廉との家族としての関係もあきらめたくないと思っていました。

 

そんなある日、沙羅に海外で夢を叶えるチャンスが巡ってきます。

沙羅と少しでもたくさん一緒にいたいみことはついに、廉に自分の特殊能力について話し、沙羅の寿命について話します。

 

廉は、二人さえ幸せならば、二人の関係のことについてはもう何も言わないと言いました。

その翌日、花巻家の隣の家のオジサンが倒れました。

沙羅への恋心を打ち明けた唯一の人だったと語るみことに沙羅は思いがけないこと言います。

 

そう、沙羅は廉とみことの会話を立ち聞きしていて自分の命のリミットを知っていたのです。

沙羅はそんな辛い秘密をひとりで抱えていたみことの心を思い、涙を流します。

そんな沙羅を見て、みことの沙羅への思いと何もできない自分への苛立ちは、さらに強くなっていきます。

 

沙羅のために何ができるのか、そのことを考え続けたみことは、沙羅と結婚したいと思うようになりました。

→第2巻の序盤だけ無料でサンプルが読めます

 

第3巻のネタバレ(結末まで)

みことと沙羅は、結婚することになりました。廉からも公認となり、二人の時間は増えました。

二人は幸せな時間を重ねていきましたが、沙羅は籍を入れることには難色を示しました。

そして沙羅は絵を描くことに没頭するようになります。

 

みことは救命の仕事に真摯に取り組み、目の前の命と戦っていました。

そんなある日、みことは仕事中に自分の命が危険にさらされる事態に陥ります。

沙羅の死を恐れているみことは、自分が先に死ねることは悪くはない状況だと思いました。

 

しかし、自分の命から逃げることはやはりまちがっていると思い直し、奮起しました。

自分が生きていくために沙羅との思い出を少しでもたくさんほしいみことは沙羅と籍を入れることにしました。

それからは結婚式の準備でいそがしくする二人でしたが、ついにその日がやってきてしまいました。

二人の乗る車にトラックが突っ込んできたのです。

みことは、頭から血を流す沙羅を一生懸命救助しようとします。

呼吸を止めた沙羅の蘇生を試みるみこと。そこに救急車が来ます。

 

みことの予知では、沙羅が亡くなるのは8月23日のはずですが、事故にあったのは6月21日でした。

沙羅が意識を取り戻すことはないまま、2か月が過ぎました。しかし、誕生日の日に沙羅はなんと意識を取り戻します。

 

そしてその一年後には、二人は結婚式を挙げました。

→「4分間のマリーゴールド」コミック全巻を無料で読める方法がすごい!

 

スポンサードリンク

ドラマ「4分間のマリーゴールド」最終回の予想

ドラマ「4分間のマリーゴールド」はすでに完結している作品ですし、ラストはハッピーエンドでしたので、ドラマも同様のラストを迎えることが予想されます。

この作品は涙なしでは読み進められないとてもエモーショナルな作品でした。

 

子供の頃からただひとり、ずっと愛してきた沙羅が27歳の若さで死んでしまうことを知ったみことの気持ちを考えると胸がつぶされそうになります。

一巻、二巻では、みことの予知は絶対的なものであるとされており、どんなに頑張っても死の運命を避けることはできないと思われていました。

 

限られた時間の中で健気にいきる二人の姿が叙情的に描かれており、マンガをめくるページを進めることが惜しくなるほどに二人の時間が愛しく感じました。

しかし、三巻になり、ひょっとするとひょっとするのか?という展開になっていきます。

 

沙羅の誕生日の日にみことは沙羅がずっと描いていた絵を目にすることになります。

その絵にはマリーゴールドの花と救命士の制服を来たみことが描かれていました。

マリーゴールドの花言葉は”生きる”。

 

沙羅自身が生きたいという意味もあったと思いますし、またみことに強く生きていってほしいという想いもあったと思います。

沙羅はみことにどうしても「生きる」と伝えたかったのです。

その想いをみことは受け取りました。

 

そして迎えた誕生日の日。みことはマリゴールドの花束を抱えて、意識が戻らない沙羅のもとへ向かいます。

病院に着くと母親が「沙羅が意識を取り戻した」と騒いでいました。

医者の話によると、「助かる確率は呼吸が止まってからどれだけ早く心肺蘇生を始めたかに比例する」とのこと。

 

みことの懸命な措置が沙羅を救ったのです。

それから1年後、二人は父と母が式を挙げた小さな教会で結婚式を挙げます。

そして実は、沙羅の事故の日から、みことの特殊能力は消えていました。

 

しかもかつての死期の予知も確定的なものでは無かったことを知ります。沙羅以外にもみことが必死で救った人は生きていました。

みことは大切な人との別れがいつ来てもいいように、今この瞬間を愛しながら生きていこうと心に決めます。

【参考】ドラマ「4分間のマリーゴールド」のキャストの演技力がヤバイ!?

 

スポンサードリンク

まとめ

すべての人はいつ死ぬかわからない毎日を生きています。

「今」を懸命に生きることの尊さをこの作品から学ぶことができました。

 

ドラマ版もかなり感動的でメッセージ性のある作品に、仕上がることと思われますね。

>>「4分間のマリーゴールド」のドラマ動画を無料視聴する方法

>>「4分間のマリーゴールド」地上波での再放送・一挙放送予定

 

 

【オススメ関連記事】

福士蒼汰の演技力は下手すぎ?上手いという意見もあるが本当は?

菜々緒の演技力【上手い?下手?】評価や女優としての魅力

横浜流星の演技力【上手い?下手?】評価や役者としての魅力

 

 

 

 

LINE@で裏情報を発信しています!

どうも!
当サイト運営者のイドラマンです!

この度はドラマGARDENの記事を最後まで読んでいただきありがとうございました!
現在LINE@では、

・管理人オススメのドラマ記事の紹介や更新情報

・ドラマ鑑賞がより一層楽しくなるプチ情報

・人生に役立つドラマの名言

・ドラマを見ながらお小遣いを稼ぐ方法

など、LINEだからこそ発信できるような内容を発信しています。

 

記事を読んで分からなかったことなども

LINEに質問していただくことで直接答えていくことができるので、

よかったら友達登録だけでもしてみてくださいね!

↓友達追加はこちら↓

友だち追加
(スマホの方は「友達追加ボタン」をクリック、
PCの方はボタンを押してお手持ちのラインアプリでQRコードを読み込めば
数秒で友達追加が完了します。)

 

4分間のマリーゴールドカテゴリの最新記事