G線上のあなたと私はイライラするしつまらない?

NO IMAGE

漫画「G線上のあなたと私」は、いくえみ綾さんの人気作品ではありますが、イライラさせる登場人物が多いような気がします。

今回は、主人公の也映子と理人にスポットを当てて「G線上のあなたと私」のイライラポイントを紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

G線上のあなたと私はイライラする?

それでは早速、「G線上のあなたと私」のどんなところにイライラポイントがあるのか見ていきます。

 

①主人公の小暮也映子の中途半端な物分りの良さ。

主人公・也映子が、、婚約者だった男に婚約破棄されるところから物語が始まるわけですが、也映子は心の中でいろいろ思うにも関わらず、
相手の男性に対して激しく怒りをぶつけるわけでもなじるでもなく(一発は殴ったようですが)その場を済ませます。

 

寿退社の当日の日に婚約破棄。怒るところはちゃんと怒ってほしいですよね。

後日、自分のことを心配してくれている会社の同僚の表情に対して、心の中で也映子は、毒づきます。怒る相手、間違えていませんか?(笑)

 

そして、久住先生が理人の兄の元婚約者だったと聞いた瞬間、頭に血が上り、也映子は理人の兄の悪口を言った後、号泣します。

なぜ「元婚約者」と聞いただけで、久住が理人の兄に捨てられたという発走になるのでしょうか。ある意味、男尊女卑っぽい短絡的な考え方にがっかりしました。

 

②理人の定まらない恋愛感情

久住にフラレてからの理人の言動がまぁ曖昧。100%無理と言っていた結愛と付き合い始めたり、辞めると言ったバイオリン教室に月謝を翌月まで払っているという理由で通い続けたり。

さらには、酔った勢いで也映子に急接近する場面もありました。

 

そして、極めっつけは也映子のことが好きなのかそうではないのか自分でわからないまま、也映子のところに何度も来て、今の自分の正直な気持ちを伝えるだけ伝えて帰るシーンです。

言われた也映子だってどう答えていいかわかりませんよね。

 

また、結愛や也映子に核心に迫ったことを言われるとすぐに逃げてしまう癖もなんとかしてほしいです。将来、ろくな夫にならない姿が目に見えています。(笑)

 

スポンサードリンク

G線上のあなたと私はストーリーもつまらない?

「G線上のあなたと私」は、理人の恋心の行方が中心に描かれており、理人の一挙一動に、也映子や彼に恋する女子大生・結愛は振り回されているような状態です。

理人は少年の時から20歳になるまでの間、ずっと久住だけに片思いをしてきました。

 

その熱量は、久住に会いたいがためにバイオリンを習い始めようという行動を起こすほどのものであり、かなりの激しさを持った恋愛感情でした。

しかし、久住にキッパリとフラレてしまい、理人はあきらめざるをえない状況に追い込まれます。

 

フラレた後もなお、久住への思いを断ち切れず苦しむ理人は、結愛や也映子と親しくするようになります。

そして、最終的に結愛に対してはどうしても恋心を抱けず、理人は也映子を選びました。

一方、也映子は若くてちょっとしたイケメンの理人を実は最初から意識していたと思います。

 

もし、也映子と理人が同い年ならば、也映子はもっとすぐに恋をしてしまっていたかもしれませんが、也映子は25歳、理人は19歳、相手にされることなどあるわけないと思い、也映子は敢えてそういう目で見ないようにしていたのだと思います。

 

しかし、ちょっとした理人の気まぐれなアクションから、也映子の理人への恋心は刺激され、理人が気になって仕方ないようになります。

しかし、そんな也映子の恋ですが、イケメンの男の子が近くにいたら、つい好きになってしまうという程度の軽さに見えてしまいます。

 

そして、理人の方に関しては、やはり今でも一位は久住であり、できれば年齢も近く自分のことをずっと好きでいてくれた結愛を好きになりたいと思っていたが、
どうしても好きになることができず、一緒にいて楽しいと感じることのできる也映子を新しい恋の相手に選んだという印象です。

 

つまり、何かの気まぐれで久住が理人に言い寄るようなことがあれば、理人は迷わず久住を選ぶような気がするし、
也映子の方も別のイケメンの男性に接触されるようなことがあればその人を好きになってしまうような危うさがあるのです。

 

実際のリアルな恋愛はそんなもんだと思いますし、妥協した恋愛や結婚をしている人の方が多いかもしれませんが、
せっかく少女漫画の世界ですから、もう少し夢のある恋愛を描いてほしかったなと思ってしまいました。(笑)

 

スポンサードリンク

まとめ

今回は「G線上のあなたと私」のイライラポイントを紹介しました。

ウダウダとしている也映子や理人に対して、今回はダメ出しを食らわせてみましたが、もちろん誰だっていつもベストな選択をして、スッキリしていられるわけではありません。

 

自分の感情をもてあまして、自分の言動に後悔して悩んでいる姿こそ人間らしいのではないかと思います。也映子や理人に対するイライラは自分に対するイライラかもしれません。

 

とまあ、今回は少し批判的な記事になってしまいましたが、決して作品を見て欲しくないわけではありません。

むしろ、「G線上のあなたと私」には面白いポイント・魅力もたくさんあるので、できればより多くの人の作品を楽しんでほしいです。

 

「G線上のあなたと私」の作品の魅力・どんなところが面白いのかも記事にしているので、ぜひ読んでみてください。

 

 

 

 

 

LINE@で裏情報を発信しています!

どうも!
当サイト運営者のイドラマンです!

この度はドラマGARDENの記事を最後まで読んでいただきありがとうございました!
現在LINE@では、

・管理人オススメのドラマ記事の紹介や更新情報

・ドラマ鑑賞がより一層楽しくなるプチ情報

・人生に役立つドラマの名言

・ドラマを見ながらお小遣いを稼ぐ方法

など、LINEだからこそ発信できるような内容を発信しています。

 

記事を読んで分からなかったことなども

LINEに質問していただくことで直接答えていくことができるので、

よかったら友達登録だけでもしてみてくださいね!

↓友達追加はこちら↓

友だち追加
(スマホの方は「友達追加ボタン」をクリック、
PCの方はボタンを押してお手持ちのラインアプリでQRコードを読み込めば
数秒で友達追加が完了します。)

 

G線上のあなたと私カテゴリの最新記事