ご苦楽レストラン 1話のネタバレ感想/予告動画や放送前の反響

NO IMAGE

2019年7月9日放送のドラマ「ご苦楽レストラン」第1話のネタバレあらすじと感想について第1話予告あらすじとともに見ていきます。

 

ご苦楽レストラン 1話の予告動画・あらすじ

「ご苦楽レストラン」第1話の予告動画と予告あらすじは以下のようになっています。

 

 

 

フレンチレストランで働いていた伊賀観(福士蒼汰)は、真面目な性格で営業スマイルができないため、仲間からも客からもまったく評価されていなかった。
しかしそんな彼を高く評価する女性が現れる。その謎の女性は黒須仮名子(石原さとみ)。彼女は近々オープンするという自分のフレンチレストランに伊賀をスカウトする。
「スタッフに必要なのはオリジナリティー。あなたはいいサービスマンになるわ。きっと」
その言葉に心を打たれ、彼女の店で働くことを決意する伊賀。
だがそのレストランは駅からも繁華街からも住宅地からも遠く離れた墓地の中に佇む店で、しかも彼女が集めた従業員は、元・美容師見習いの無邪気なコミドラン・川合太一(志尊淳)、牛丼屋の店長を5年務めていた店長・堤計太郎(勝村政信)、人に言えない秘密を抱えている不運の天才シェフ・小澤幸應(段田安則)、資格取得が趣味の元・銀行員ソムリエ・山縣重臣(岸部一徳)と、小澤以外はフレンチ未経験の素人ばかり。
仮名子はなぜそんな彼らを集めたのか? はたして店は無事にオープンできるのか?
かつてない、“至極のフレンチレストランコメディー”の幕が開く!

出典: www.tbs.co.jp

 

ご苦楽レストラン 1話の放送前の反響

ネタバレあらすじに入る前に、「ご苦楽レストラン」第1話の放送前の反響について調査してみました。

 

 

 

 

 

 

 

ご苦楽レストラン 1話の見どころ

「ご苦楽レストラン」では、石原さとみさんが風変わりな謎のオーナー黒須仮名子、福士蒼汰さんがスマイルを作ることができないシェフドラン伊賀観を演じます。

超絶美人の石原さとみさんや超好青年の福士蒼汰さんとは真逆のイメージの役どころではないでしょうか。どんな風に演じられるのか楽しみです。

 

フレンチレストランで働いていた伊賀観を黒須仮名子が自分のフレンチレストランにスカウトするところから物語は始まります。

 

しかし、そのレストランは駅からも繁華街からも住宅地からも遠く離れた墓地の中に佇む店というありえない場所にあるし、彼女が集めた従業員たちは、

・元・美容師見習いの無邪気なコミドラン・川合太一(志尊淳さん)

・牛丼屋の店長を5年務めていた店長・堤計太郎(勝村政信さん)

・人に言えない秘密を抱えている不運の天才シェフ・小澤幸應(段田安則さん)

・資格取得が趣味の元・銀行員ソムリエ・山縣重臣(岸部一徳さん)

など、みなワケアリの未完成な人物ばかりです。

 

しかも、小澤以外はフレンチ未経験の素人です。

個性派揃いのキャストに、どんなレストランになるのかと、わくわくが止まりません!

 

スポンサードリンク

ご苦楽レストラン 1話のネタバレあらすじ

ここからは、「ご苦楽レストラン」第1話の詳しいネタバレあらすじになります。

 

ロワンディシーと伊賀との出会い

伊賀観(福士蒼汰さん)は、とあるフレンチレストランで働いていました。

伊賀観は、接客の技術はありますが、愛想が極端に悪いため、客からも他の従業員からも評判が悪く、肩身の狭い思いをしていました。

 

しかし、そんな伊賀の接客を見ていた黒須仮名子(石原さとみさん)は、自分のこれからオープンするフレンチレストランのスタッフにぜひ来てほしいとスカウトをしました。

伊賀の接客が気に入ったようです。

伊賀は、自分を認めてくれた黒須の言葉に胸を打たれ、黒須のレストランに行くことを決めました。

 

しかし、そのレストランの場所は、駅や住宅街から遠い上に、墓地の目の前に位置していました。

伊賀は、先に働き始めている他の従業員たちと顔を合わせます。彼らはみな一様に、諦観の境地にいました。

しばらくすると黒須が現れました。どうやら黒須はたくさんの人に声をかけていたようで、伊賀のことを思い出すのに時間がかかっていました。

 

伊賀は自分だけが特別ではなかったことを知り、多少ショックを受けましたが、早くも諦観の境地に達しました。

フレンチレストランの名前は、ロワンディシー。フランス語で「この世の果て」という意味です。

そして、そんなロワンディシーのオープンは約4日後だと言います。

未だに準備は何も整っていません。伊賀たちの忙しい日々が始まります。

 

ロワンディシーのオープンまでの戦い

何を考えているのかわからずいきあたりばったりに見える黒須に従業員たちは不信感を抱きます。

そこで黒須のビジョンを聞き出そうとします。黒須のビジョンは、たくさんお酒を飲めるお店を作るということだそうです。

 

ほかのお店で嫌なことがちょくちょく、あったらしく、自分好みの飲めるフレンチレストランを作りたいという展望が黒須にはあるようです。

従業員達はそんな黒須を見て、たいしたビジョンはないんだなと解釈します。

 

伊賀は、従業員たちに前職について、尋ねました。なんと伊賀以外の従業員は、フレンチレストランとは無縁の仕事をしていた人であったことを知ってしまいます。

川合太一(志尊淳さん)は、美容師、堤計太郎(勝村政信さん)は、牛丼屋の店長、山縣重臣(岸部一徳さん)は銀行員。

 

伊賀は河合と堤、山縣にフレンチの作法を教え込もうとしますが、なかなかうまくできません。

翌日、堤がトイレに関して保健所の許可が下りていないことに気づき、あわてています。

しかしまだトイレはできておらず、当然、保健所の許可は下りません。

 

伊賀はしかたなく、保健所の役人を裏の葬儀場のトイレに連れて行き、ロワンディシーのトイレだということにすることにしました。

そして、ロワン・ディシー内のトイレを作る予定だった部屋は、黒須の個人の部屋にすることになりました。

 

ロワンディシー、無事オープン!?

ロワンディシーのオープンを前にして、シェフのコース料理の試作品をワインとともに、みなで試食をしていました。伊賀も楽しそうです。

しかし、ここで新たな事実が発覚します。

 

なんとロワンディシーのオープニングパーティーに黒須は500人、招待していました。

立食パーティーの形式にすると黒須は言ってますが、従業員たちは初耳であるため、困惑します。

しかし伊賀は、明日のお客様はすべて黒須の知り合いなので、十分なサービスが出来なくても、十分じゃない部分も面白がってくれるのではないかと提案します。

 

その伊賀の言葉に他の従業員たちも少し肩に力が抜けたようで、再び準備に取りくむ気力を取り戻しました。

しかし、オープンまであと二時間というときに、エアコンが動かないことに気づきます。

黒須が節約のために、オープンの日までは、エアコンを使用するのを禁止していたので確認できなかったのです。

 

窓を開けて氷を置いて扇風機を回して対応することになりましたが、暑そうです。

そして、ロワンディシーのオープンの時間になりました。

が、お客さんがまったく来ません。しばらくすると、最近知り合った仕入れ業者が、4人ほど来てくれました。

 

500人の客を招待したはずなのに、ここまでお客さんが来ないという状況に違和感を感じた伊賀は、送った招待状の内容を確認しました。

黒須の招待状の日付は4月31日になっていました。4月は30日までしかありませんね。

 

しかもその招待状を黒須は4月1日必着にしていました。そう、招待状を受け取った人たちは、エイプリルフールのネタだと思ってしまったようです。

ミスに気づき、慌てて客に黒須は連絡を入れ始めます。夜にはたくさんの人が訪れ、オープニングイベントは大盛況と言ってもいい状況になりました。

 

バックルームで山縣がクーラーを直そうといろいろいじっていたら、クーラーが動き出しました。

ヤッターと思ったのはつかの間、クーラーから五年分の砂ぼこりが一斉に出てきたので、パーティはお開きになってしまいました。

しかし、お客さんたちはみな、すごく美味しかった!と言い、満足そうな顔をしていました。それを見て、伊賀も充実感を感じていました。

 

ご苦楽レストラン 1話の感想

「ご苦楽レストラン」第1話の感想を書いていきます。

 

コメディタッチのレストランドラマだということで、始まる前は、正直それほど期待していなかったのですが、

石原さとみさん演じる黒須仮名子の突き抜けたキャラクターは想像以上で、あっという間にその世界観に惹き込まれていきました。

 

だからと言って、コメディ作品にありがちなドタバタし過ぎているということもなく、そのさじ加減は絶妙だったと思います。

昔好きだった「王様のレストラン」というドラマを思い出しました。

 

黒須以外の登場人物の心の声を表現するときに、頭の上にCGの顔が出てくるという演出も、なかなか斬新でおもしろかったです。

心の声だけではなく、心の表情も見えるということですね。

 

特に、福士蒼汰さん演じる実在の伊賀観は、無表情に近いのですが、心の中の表情は豊かであるところに笑ってしまいました。

そして、みなの頭の上に浮かぶ「諦観」の二文字。それほど口語で使う機会のない「諦観」というワードを繰り返し多様するというところがおもしろかったです。流行語になるかもしれませんね。

 

登場人物たちの諦観の笑みのくだりはとてもおもしろかったので、来週以降も採用してほしいと思いました。

くすっと笑える仕掛けがドラマの中でたくさん用意されているので、見ていてとても楽しいです。

ここの火曜10時枠のドラマは前のクールは「わたし、定時で帰ります」だったのですが、このドラマとは真逆で、考えさせられることが何もないので(笑)、

 

憂鬱になりがちな火曜日の夜に見るドラマとしては、最高だと思いました。

また、キャストの配役がドラマが始まるまでは、合っていないような気がしていましたが、実際に見てみると、良い!と思いました。

 

究極の変人の黒須を超絶美人の石原さとみさんがどう演じるのだろうと思っていましたが、大げさ過ぎない自然体な変人ぷりは、原作の黒須そのものだったと思います。

ただ「黒須仮名子、美人過ぎる!」というプラスアルファの設定にはなってしまったと思いますが。(笑)

 

そして、笑顔が素敵な福士蒼汰さんが笑顔を作ることができない青年の役をどうやってするのかということもイメージがありませんでしたが、伊賀観の不器用な感じがよく表現できていたと思います。

心の声をすぐに口に出してしまう岸部一徳さんや、ネガティブ思考の気弱なシェフの段田安則さんも、ドラマのおもしろさを引き立てていたと思います。

 

スポンサードリンク

 

ご苦楽レストラン 1話の無料動画視聴方法

ドラマ「ご苦楽レストラン」第1話は、
7月9日の放送終了後にParaviで配信されています。
過去のTBSドラマも配信されているので、無料お試しだけでもしてみてもいいかもしれません。

→Paraviをまずは無料お試し!

 

*紹介している内容は2019年7月10日時点のものです。最新情報は公式サイトでご確認ください。

 

 

「ヘブン」本編とスピンオフドラマがParaviで配信中!

ドラマ「ヘブン」の地上波で放送された本編と、スピンオフドラマがParaviで配信されています。

 

スピンオフドラマはParaVi限定!

 

しかも今なら30日間無料で利用できるので、この機会にまずはお試し利用だけでもしてみてはいかがでしょうか?

 

Paraviで「ヘブン」本編とスピンオフドラマを視聴>>

*紹介している内容は2019年7月時点の情報です。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

LINE@で裏情報を発信しています!

どうも!
当サイト運営者のイクザマロ・D・ドラマンです!

この度はドラマGARDENの記事を最後まで読んでいただきありがとうございました!
現在LINE@では、

・管理人オススメのドラマ記事の紹介や更新情報

・ドラマ鑑賞がより一層楽しくなるプチ情報

・人生に役立つドラマの名言

・ドラマを見ながらお小遣いを稼ぐ方法

など、LINEだからこそ発信できるような内容を発信しています。

 

記事を読んで分からなかったことなども

LINEに質問していただくことで直接答えていくことができるので、

よかったら友達登録だけでもしてみてくださいね!

↓友達追加はこちら↓

友だち追加
(スマホの方は「友達追加ボタン」をクリック、
PCの方はボタンを押してお手持ちのラインアプリでQRコードを読み込めば
数秒で友達追加が完了します。)