栗原類の演技力【上手い?下手?】評価や役者としての魅力

NO IMAGE

10代の頃、よくバラエティ番組に出演されていて、そのおしゃれな風貌とネガティブなキャラクターがウケてブレイクしていた栗原類さん。

発達障害であることを公表したことでも話題になりましたね。

 

栗原類さんがドラマに出演されているというイメージはあまりなかったのですが、近年は俳優さんとしてけっこう活動されているようです。

今回は、そんな栗原類さんの役者としての一面にスポットを当てていきたいと思います。

 

栗原類さんの演技力に関しては、世間一般の皆さんはどんな評価をくだしているのか、役者としての魅力とともに見ていきます。

 

スポンサードリンク

栗原類の役者としての活動

栗原類さんの簡単なプロフィールと俳優として出演作品は下記のものになります。

 

★ プロフィール

読み方    くりはら るい
別名     Louis Kurihara
生年月日   1994年12月6日
職業     ファッションモデル 俳優
身長     181cm
出身地    東京都出身
血液型    O型
体重     62 kg
靴のサイズ  27.5 cm

 

栗原類さんは、モデル事務所のジュネス企画に所属していましたが、2013年にエヴァーグリーン・エンタテイメントへ移籍し、
『メンズノンノ』や『ポパイ』などの男性ファッション誌への露出や、各種バラエティテレビ番組出演などを中心に活動するようになりました。

 

“ネガティブすぎるイケメンモデル”として注目を集めました。

 

★テレビドラマ出演作品

よく眠れる森のレストラン〜アナタノココロをおもてなし〜(2012年8月29日)

みんな!エスパーだよ!(2013年4月 – 6月)

潜入探偵トカゲ 第3話(2013年5月2日)

彼岸島(2013年10月 – 12月)

恋するイヴ(2013年12月24日)

金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件(2014年1月4日)

私の嫌いな探偵 第1、2話(2014年1月17日)

昨夜のカレー、明日のパン 第4話(2014年10月26日)

フィッシャーマンズ・ブルース 第4話「愛しのサヨリ」(2014年12月27日)

彼岸島 Love is over(2016年9月 – 10月)

吉祥寺だけが住みたい街ですか? 第8話(2016年12月2日)

道子とキライちゃんの相談室(2017年1月 – 2月)

視覚探偵・日暮旅人 第2話 (2017年1月29日)

魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!(2018年4月 – 2019年3月)

ルパンの娘(2019年7月 )

 

こうやって栗原類さんのドラマ出演作品を並べてみますと、意外と多いですね。今回は、割愛させていただきましたが、ドラマと並行して、映画にもたくさんご出演されていました。

 

連続ドラマの○話のゲストという形で出演されることが多かったようで、連続ドラマに毎週、レギュラーで出演という形では、ゴールデンタイムのドラマとしては「ルパンの娘」が初めてになります。

 

栗原類の演技力の評価/上手い?下手?

栗原類さんは、たくさんドラマに出演されていますが、ゴールデンタイムにレギュラー出演という形ではなかったため、まだ「役者・栗原類」の存在は多くの視聴者の目には止まっていないように思います。

ですから、まだ演技が上手いか下手かということを評価する段階ではないようです。

 

ちなみに栗原類さんは、「最低限のお芝居もできない僕が言うのもおこがましいんですけど、佐藤二朗さんや六角精児さんに憧れています」と発言しております。

栗原類さんは、個性派俳優の座を狙っているようですね。

 

上手いという評価について

では、少ないながら栗原類さんの演技を評価する意見を見つけましたので、そちらを紹介したいと思います。

「マジマジョピュアーズ」という女児向けのドラマでの栗原類さんの仕事ぶりが素晴らしかったようです。

 

「単純に演技力が凄い。マジマジョピュアーズでは敵の子分役は3人いてすべて「お前の夢邪魔邪魔だー」のセリフが決めセリフなんですが、それ1つとっても栗原類さんが3人の中で一番迫力があります、というか、普通に栗原類さんが言っていると自然です、というか普段から言ってそうにしか見えません。その他も変な出前キャラとか、幽霊?とかマジマジョピュアーズに近づくために変装してる事があるのですが、どの役でも印象的にこなしています。

このマジマジョピュアーズでは、敵キャラは「アキラメスト」といって後ろ向きな思考が特徴なんですが、その特徴にコレ異常無く当てはまっています。正直、邪魔彦なんてあのイケメン面だけで人生勝ち組だろうに、夢も希望も無い世界に世の中を変えたいと言われても説得力が無いのですが、栗原類のが同じ事を言うと説得力満点ですね。

さて、演技力や悪役力で言えば、最初のボス邪魔男爵が栗原類の上を行っていると思います。流石の遠藤憲一と言った所です。
しかし、栗原類さんが遠藤憲一さんにすら勝っていると感じているのが「個性」です。本当に栗原類さんは代りが無いキャラクターを持っています。遠藤憲一さんは名役者ですが、子供番組もこなせそうな、コワモテ名俳優さんは他にもいます(貴重ではありますが)。しかし、栗原類さんは本当にユニーク。この「ムリ太郎」役は栗原類さんしかこなせないだろうなと思っています。」

 

栗原類さんならではの悪役を独創性豊かに演じられたようですね。

個性的でなおかつ演技も上手いとなれば、栗原類さんが狙っている「佐藤二朗さん的ポジション」も夢ではないかもしれませんね。

「マジマジョピュアーズ」、私も見たくなってきました。

 

下手という評価について

栗原類さんに関しては、演技が下手という意見は見つけられませんでした。

現時点ではまだ、栗原類さんの役者としての活動にそれほど注目が集まっていないようです。

 

スポンサードリンク

まとめ

イギリス人の父と日本人の母を持つハーフの栗原類さん。

2014年にヨウジ・ヤマモトのミューズとしてパリコレのランウェイにデビューし、パリ・メンズコレクション期間の1月と6月は国内の仕事は受けずパリに通っておられます。

 

また、2016年には、第9回日本シューズベストドレッサー賞を受賞されていますね。

栗原類さんは、自身の性格について、「根暗、孤独、みじめ」「ひねくれている」と分析しており、アメリカで過ごし始めた8歳の時に、発達障害の一つであるADD(注意欠陥障害)と診断されたことを公表したことなどで注目され、有名になりました。

 

しかしそんな栗原類さんですが、モデルとしては、かなり一流であるようです。

そして、2019年、ゴールデンタイムのドラマ「ルパンの娘」で、主人公の兄というメインキャストを演じることで俳優さんとしても注目が集まるようになりました。

 

今後の栗原類さんのますますの活躍を応援していきたいと思います。

 

 

 

 

俳優・女優の演技力カテゴリの最新記事