パーフェクトワールド 10話のネタバレあらすじ・感想/予告や放送前の反響

NO IMAGE

ドラマ「パーフェクトワールド」第10話のネタバレあらすじと感想について、予告や放送前の反響とともに見ていきます。

 

「パーフェクトワールド」はFODで全話配信中!

詳しい視聴方法はこちら→パーフェクトワールドのドラマ動画を無料視聴【1話〜最終回まで全話】

 

スポンサードリンク

 

パーフェクトワールド 10話の予告あらすじ

ドラマ「パーフェクトワールド」第10話の予告あらすじはこちら。

高校の同級生だったつぐみ(山本美月)と再会したことがきっかけで、事故以来ずっと閉ざしてきた心の扉を開き、恋する気持ちも取り戻した樹(松坂桃李)。幼い頃からつぐみに想いを寄せていた洋貴(瀬戸康史)や、かねてから樹を支えてきたヘルパーの葵(中村ゆり)を巻き込みながらも、2人は様々な困難を越えてきた。一度はつぐみの幸せを考え、樹から別れを切り出したものの、運命が二人を再び引き合わせ、もう二度と別れないと決めた樹は、つぐみにプロポーズ。2人は人生を共に生きる覚悟を決めた。
そんな2人の決断に、つぐみの父・元久(松重豊)だけは、娘が苦労するのは目に見えていると、2人の交際に断固反対。それでも、元久にも結婚の許しをもらおうと何度も家を訪ねるが、そのたびに門前払いされてしまう。

そんなある日、やってきた樹と2人で話をしたいと申し出た元久。つぐみの幸せを願うなら、なぜ苦労をかけると分かっているのに結婚を望むのかと問う元久に、樹はつぐみと別れてから今日までの気持ちを包み隠さず話す。それでも決して首を縦に振ろうとしない元久だったが…!?
変わらぬ愛を胸に、逆境に立ち向かう樹とつぐみは、その手で幸せをつかむことができるのか?2人の一途な想いが奇跡を起こす…!?

出典: www.ktv.jp

 

パーフェクトワールド 10話・放送前の反響

続いて、ドラマ「パーフェクトワールド」第10話の放送前の反響を見ていきます。

 

 

スポンサードリンク

 

パーフェクトワールド 10話の前話・第9話のネタバレあらすじ

鮎川樹(松坂桃李さん)は、「後悔がある」と川奈つぐみ(山本美月さん)に言いました。鮎川樹が事故に遭った場所に川奈つぐみとともに訪れました。

その時の詳細を鮎川樹は、川奈つぐみに話します。

 

あの時〇〇してなければ…と、何度も繰り返し感じた後悔を鮎川樹は話しました。

二遠と後悔するようなことはしないと決めたのに、川奈つぐみの手を離してしまったことを後悔していると言いました。

 

そして、「もう過去からも今からも逃げたくない、もう一度やり直してほしい!」と伝えました。

その頃、是枝洋貴(瀬戸康史さん)は、川奈つぐみの実家を訪れてました。

川奈つぐみにサプライズで結婚指輪を渡すと是枝洋貴は話しており、彼女の両親もうれしそうにしていました。

 

そんなところに、川奈つぐみから母親(堀内敬子さん)に「東京に行く。ごめんなさい。」と連絡があります。母親は不安そうな顔をしていました。

是枝洋貴はその夜、鮎川樹の家を訪れました。

 

是枝洋貴が事情を聞くと、仕事以外で川奈つぐみと会ったこと、そしてもう一度やり直したいと言ったことを鮎川樹は話しました。

是枝洋貴は、怒りをあらわにして、。一発殴らせてくれないとおさまらないと言い、鮎川樹も気が済むまで殴ってくれと言いました。

 

我に帰った是枝洋貴は、川奈つぐみが避難所で描いた鮎川樹の寝顔の絵を渡しました。

そして、ずっと鮎川樹に嫉妬していたことや昔から川奈つぐみのことは好きだったけど彼女は鮎川樹が好きだったから告白できなかったこと、
しかし車椅子の鮎川樹と再会したときに今なら勝てると思って、告白できたと本音を言いました。

 

そしてもう二度と川奈つぐみの手を離すなよ!と念を押しました。

帰宅した是枝洋貴のところに川奈つぐみがやってきます。言い淀む川奈つぐみに是枝洋貴は、「婚約破棄したいって言えよ!」と怒鳴ります。

 

川奈つぐみは、是枝洋貴への感謝の気持ちと、それでもどうしても鮎川樹のことを忘れられなかったことを話して、何度も謝りました。

是枝洋貴は、そのまま帰っていきました。

しばらくして、川奈つぐみのもとに是枝洋貴からLINEしました。

 

婚約破棄すること、これからもずっと彼女の幸せを願っているということが綴られており、川奈つぐみは涙を流しました。

鮎川樹は長沢葵を呼びます。

そして、今月で、ヘルパーの契約を解消したいと言いました。

 

事故をしてから、長沢葵にずっと支えられてきたことを感謝するとともに、しかし、同じ形では愛情を返せないことを伝えました。

長沢葵の代わりなどおらず、唯一無二の恩人であることも伝えました。

しかし、長沢葵は「辞めない」と言いました。「ヘルパーは仕事だし、好きな気持ちは出さないから。」と言い、帰っていきました。

 

川奈つぐみは、実家に戻り、鮎川樹とやり直したいことを話します。

是枝洋貴との婚約は破棄してもらったことも伝えます。

父親(松重豊さん)は、川奈つぐみに家を出ていけと言いますが、川奈つぐみは、「出ていかない、わかってもらえるまで何度もお願いする」と言いました。

 

川奈しおりの元に、是枝洋貴が帰ってきました。

しおりは、是枝洋貴に「怒ってもいいんだよ」と言いますが、是枝洋貴は、怒りの感情はなく、ただ落胆していると言いました。

しおりは、是枝洋貴に、「ずっと好きだった!」と自分の思いを告白します。

 

是枝洋貴は、思ってくれていることにお礼を言いましたが、しおりのことはかわいい妹にしか見えないとこたえました。

川奈つぐみは、長沢葵をカフェに呼び出し、鮎川樹の出張に同行してほしいとお願いしました。

 

長沢葵は「変わったわね!」と言いました。

前なら長沢葵を押しのけて自分がやると前に出ていたのにと、言いました。

それを聞いた川奈つぐみは、変われたのは長沢葵のおかげだと言います。

障害を日常としてとらえることができるようになったと言いました。

 

川奈つぐみの実家を鮎川樹は何度も訪れますが、川奈の父親は鮎川樹と会おうとはしません。

そして、鮎川樹は長沢葵についてきてもらって、出張に出ます。

仕事が終わり、同行してくれた長沢葵に鮎川樹はお礼を言いました。

 

すると、「これでヘルパーは最後にするね!」と長沢が葵は言いました。

そして実は助けてもらっていたのは、自分の方だったとお礼を言いました。

そんな長沢葵に、今生きていられるのは長沢葵のおかげだであり、出会えたことは一生忘れませんと鮎川樹もお礼を言いました。

 

バーで飲む長沢葵の元に、是枝洋貴が現れます。

二人は、お互いの長い片思いについて語り合いました。

その夜、終電で川奈つぐみは鮎川の家を訪れました。

 

鮎川樹の母親(麻生祐未さん)が来ていて、二人の復縁を心から喜びました。

その夜、二人は手を握り合って、一緒にベットで寝ました。

翌朝、鮎川樹は「俺と結婚して下さい!」とプロポーズしました。

 

「はい」と川奈つぐみは返事をしました。

川奈つぐみの実家を鮎川樹と川奈つぐみは訪れました。

川奈つぐみの父親は「鮎川と二人だけで話がしたい」と言いました。

 

パーフェクトワールド(ドラマ)10話のネタバレあらすじ

ドラマ「パーフェクトワールド」第10話の詳しいネタバレあらすじを書いていきます。

 

川奈つぐみの父親(松重豊さん)と鮎川樹(松坂桃李さん)は、ふたりきりで話をするために近所の公園に行きます。

父親は、つぐみ(山本美月さん)やしおり(岡崎紗絵さん)が幼い頃、この公園に連れてきた時に感じたことを話します。

 

子供を連れて公園で遊ぶのは、決して楽しいということはなく、ケガはしないかケンカはしないかと心配することばかりで見ていてとても疲れたと話しました。

父親は、鮎川樹の人柄は評価するものの、やはりふたりの結婚には反対だという意志は変わらない旨を伝えます。

 

鮎川樹は、自分には出来ないことがたくさんあるが、それが分かっている分、前もって準備をすることが出来るので、そうやってつぐみを守ることもできると話しました。

話し合いはまとまらず、寒いからそろそろ帰ろうと父親は言い、立ち去ろうとします。

 

しかし父親は、突然胸を押さえて苦しみだして、倒れてしまいます。

鮎川樹は救急車を呼びましたが、どうやら父親はカバンから薬を出して飲みたそうにしています

。鮎川樹は、それを見て、車椅子から降りて這いずって父親に近づき、父親に薬を飲ませました。

 

病院に母親と川奈つぐみもやってきました。母親は、助かったのは薬を飲ませてくれて、すぐに救急車を呼んでくれたおかげだと鮎川樹に感謝を述べました。

しかし、あとから是枝洋貴(瀬戸康史さん)とともに駆けつけたしおりは、川奈つぐみと鮎川樹が父親に心労をかけたせいだとふたりを責めました。

 

母親はそんなしおりをたしなめます。

ちなみに、どうやら父親に鮎川樹と話をするように頼んであげたのは是枝洋貴だったようでした。

ほどなくして、父親の手術は終わり、目を覚まします。家族も外のベンチで待つ鮎川樹も、父親が意識を取り戻したことにほっとしました。

 

しかし、父親は、これからリハビリをしなければなりません。立つこともできなくなっており、用意された車椅子を見て、動揺します。

メンタルが弱ってしまっている父親を見て、落ち込む川奈つぐみに鮎川樹は、リハビリに関してアドバイスをします。

 

それから川奈つぐみは、鮎川樹のアドバイスに従ったやり方で、父親のリハビリに毎日付き合い、父親を励ましました。

鮎川樹は、頻繁に川奈つぐみに会いに来ていて、ふたりはベンチに座って幸せそうに語らっていました。

 

その様子を川奈つぐみの母親(堀内敬子さん)はほほえましく見守っていました。

2週間のリハビリが終わり、父親はしっかり歩けるようになりました。

母親は、つぐみはお父さんを支えていたけど、つぐみは鮎川樹に支えてもらっていたことを父親に教えました。

 

川奈つぐみの母親と鮎川樹の母親(麻生祐未さん)がふたりで話をしています。

鮎川樹の母親は「誰かに迷惑をかけてまで幸せになるつもりはない」と言っていた樹が変われたのは、

つぐみのお陰だと感謝を述べ、頭を深々と下げました。

 

それを受ける川奈つぐみの母親も涙を流していました。

鮎川樹がバスケを終えて、家に帰ると川奈つぐみの父親が訪ねてきました。父親は、倒れたときに助けてくれたことのお礼を言いました。

 

そして、障害を持つ鮎川樹を弱者を決めつけていたことが自分の偏見だったことを謝りました。

そして、鮎川樹にふつつかな娘ですが、幸せにしてやってほしいと頭を下げました。

ちょうどその会話を柱の陰で聞いていた川奈つぐみが父親のところに駆け寄ってきました。やっとわかりあえたふたりは抱き合って涙を流していました。

 

その頃、晴人は二級建築士に合格したことをつぐみの妹のしおりに報告していました。

晴人は「健常者と対等になるには人一倍がんばらないと」と言いましたが、しおりは「わかりやすく目に見えてなくても、誰にだって弱点や欠点があるから、最初から対等だよ」と言いました。

 

そんなしおりを晴人はますます好きになったようです。

鮎川樹は、公園でつぐみの父親から子供の頃のつぐみたちの話を聞いたことを話します。

そして、子育ての大変さや幸せについて話しながら、鮎川樹は自分の子供に対する思いを話します。

 

自分は子供が作れるかどうかはわからないし、出来たとしても、体外受精になるので、つぐみの身体に負担をかけることになるけれども、それでも出来れば子供はほしいと話しました。

川奈つぐみは「幸せな苦労だもの、喜んでするよ」と答えました。

 

そして、二人は役所に婚姻届を提出しました。

長沢葵と是枝洋貴も明るい表情で、語り合っていました。

そして、今頃、結婚式を挙げている鮎川樹と川奈つぐみに思いを馳せました。

 

鮎川樹と川奈つぐみの結婚式が行われています。指輪の交換をしたあと、鮎川樹は挨拶をしています。

障害を負ったからこそ、つぐみという最高の女性に出会えたこと、ふたりで支え合って生きていくけど、それでも足りない時は力を貸してほしいことをみんなの前で語りました。

 

鮎川樹の母親は号泣しています。みんなそれぞれにふたりの結婚式を心から祝福していました。

場面は変わり、鮎川樹と川奈つぐみの結婚生活が映し出されます。ふたりはとても幸せそうです。

 

パーフェクトワールド(ドラマ)10話の感想

ドラマ「パーフェクトワールド」第10話の感想を書いていきます。

 

「パーフェクトワールド」のストーリーは、すでに映画や漫画で有名ですし、ドラマのポスターが松坂桃李さんと山本美月さんのタキシードとウェディングドレス姿だったので、

ふたりの恋がハッピーエンドを迎えることは、ドラマを見ていた多くの視聴者にとって最初から予めわかっていた展開だったと思います。

 

それにも関わらず、「パーフェクトワールド」のドラマの最終回にはたくさんの驚きや感動がありました。

最終回を迎えてのメインイベントは、松重豊さん演じる川奈つぐみの父親がようやく鮎川樹との結婚を認めてくれるシーンだったと思います。

 

もちろんそこには感慨深いものがありましたが、ここまで特に目立つ要素がなかった川奈つぐみの母親を演じた堀内敬子さんの演技が光った最終回だったと思いました。

 

堀内敬子さんと鮎川樹の母親(麻生祐未さん)が対面するシーンで、鮎川樹の母親は、

息子は誰かに迷惑をかけてまで幸せになるつもりはないと言っていたのに、変われたのは、つぐみのお陰だと感謝を述べ、頭を深々と下げ、涙を流しました。

 

それを受けた堀内敬子さんは、麻生祐未さんよりも涙をポロポロと流して見せました。

川奈つぐみの母親だって、当初は決して車椅子の男性との交際を良しとは思っていなかったと思います。

 

しかし、すごい剣幕で怒っている父親を前にして、自分までつぐみを追い詰めてはいけないという思いから、

不安な思いを隠してつぐみに対して柔らかく接していたのではないでしょうか。

 

しかし、鮎川樹の母親に娘を褒められたとき、娘が人ひとりの人生を救ったということを誇らしく思うような気持ちでいっぱいになり、涙が溢れたように思いました。

母親になったことのある人にしかわからない複雑な感情がとても繊細に表現されていて、思わずもらい泣きをしてしまいました。

 

また鮎川樹が結婚式で、障害を負ったことでつぐみという最高の女性に出会うことができたと話をしているのを少しむくれた表情をしていた雪村美姫役の水沢エレナさんの演技も細かいなぁと思いました。

 

雪村美姫は、鮎川樹の幸せを心から願っていたと思うし、川奈つぐみとのハッピーエンドを望んでいたと思うのですが、

それでも元カノである自分を差し置いて、つぐみのことを最高だと言われてしまうのはおもしろくないのはよくわかります。

 

メインキャストではない人の真剣な演技も、この「パーフェクトワールド」の物語をよりリアルなものにしており、本当に素晴らしい作品だったと思います。

 

スポンサードリンク

 

パーフェクトワールド 10話以外のネタバレあらすじ

第10話以外のネタバレあらすじは以下のリンクから好きなものを選び読んでみてください。

第10話に至るまでにどんな経緯があったのか、振り返ることでより一層第10話の内容を楽しむことができますよ!

 

パーフェクトワールド 1話のネタバレあらすじ・感想/樹とつぐみの複雑な再会

パーフェクトワールド(ドラマ)2話のネタバレあらすじ・感想/晴人と樹のバスケ

パーフェクトワールド 3話のネタバレあらすじ・感想/放送日はいつ?予告も

パーフェクトワールド 4話のネタバレあらすじ・感想/予告や放送前の反響

パーフェクトワールド 5話のネタバレあらすじ・感想/予告や放送前の反響

パーフェクトワールド 6話のネタバレあらすじ・感想/予告や放送前の反響

パーフェクトワールド 7話のネタバレあらすじ・感想/予告や放送前の反響

パーフェクトワールド 8話のネタバレあらすじ・感想/予告や放送前の反響

 

「パーフェクトワールド」はFODで全話配信中!

詳しい視聴方法はこちら→パーフェクトワールドのドラマ動画を無料視聴【1話〜最終回まで全話】

LINE@で裏情報を発信しています!

どうも!
当サイト運営者のイクザマロ・D・ドラマンです!

この度はドラマGARDENの記事を最後まで読んでいただきありがとうございました!
現在LINE@では、

・管理人オススメのドラマ記事の紹介や更新情報

・ドラマ鑑賞がより一層楽しくなるプチ情報

・人生に役立つドラマの名言

・ドラマを見ながらお小遣いを稼ぐ方法

など、LINEだからこそ発信できるような内容を発信しています。

 

記事を読んで分からなかったことなども

LINEに質問していただくことで直接答えていくことができるので、

よかったら友達登録だけでもしてみてくださいね!

↓友達追加はこちら↓

友だち追加
(スマホの方は「友達追加ボタン」をクリック、
PCの方はボタンを押してお手持ちのラインアプリでQRコードを読み込めば
数秒で友達追加が完了します。)