私定時で帰ります 9話のネタバレあらすじ・感想/巧との婚約の結末

NO IMAGE

2019年6月11日に放送されたドラマ「私定時で帰ります」第9話のネタバレあらすじについて、感想とともに詳しくまとめていきます。

第8話のネタバレあらすじ

スポンサードリンク

私定時で帰ります 9話のネタバレあらすじ

東山結衣(吉高由里子さん)は、福永清次(ユースケ・サンタマリアさん)から突然会議室に呼び出されます。

種田晃太郎(向井理さん)が福永の会社を辞めて、ネットヒーローズに来た理由は、彼女のためだということを、聞かされました。

 

種田晃太郎は、恋人のために定時で上がりたいと言っていたそうなのです。

福永清次は、そんな種田晃太郎を助けると思って協力してほしい、このままでは彼は過労死すると脅し、彼女に1時間の残業することを提案しました。

 

後日、東山結衣は、星印の磯貝課長(小松利昌さん)と交渉し、1週間短くなった納期を元に戻してもらう交渉にあっさりと成功しました。

一方、ネットヒーローズの幹部会議で、丸杉が突然ネットヒーローズを退職すると発表し、福永清次が驚いています。

 

さらに福永清次は、星印案件で赤字を出さないよう石黒(TKO木下隆行さん)に念を押され、残業は最大月80時間は超えてはならないと言われました。

そこで福永清次は、星印案件メンバー全員に個別に根回しをします。

 

彼の褒め言葉にのせられたメンバーたちは、やる気になって残業をし始めます。

ファミレスでサービス残業をしている制作4部のメンバーを石黒がたまたま見かけたので、東山結衣に報告しました。

 

東山結衣は、さっそく福永清次に抗議をしますが、彼らは、好きで残業をしていると言い放ち、
東山結衣が、福永清次のやり方では人の信頼を得られないと指摘すると、福永は信頼って大事なこと?と言い、開き直りました。

 

オフィスに戻った東山結衣は、チームのピンチを乗り切るまでは自分も残業すると宣言しました。

しかし、日々の残業で、東山結衣は疲労が溜まっていきます。

 

諏訪巧(中丸雄一さん)との結婚の準備を始めますが、彼女の仕事が忙しくなるにつれてすれ違っていきます。

仕事とプライベートで疲れた東山結衣は賤ヶ岳八重(内田有紀さん)に電話をし、愚痴を吐き出し、少し元気を取り戻します。

 

星印社に東山結衣たちが訪れると、新しい広報課長の武田(小松和重さん)がいて、サイト完成後の運用はベイシックオンと比較して決めると言いました。

星印との打ち合わせが終わり帰るところで、ベイシックオン社の諏訪巧と彼の先輩女性社員・吉住(河井青葉さん)と鉢合わせします。

 

東山結衣は、軽く挨拶を交わし、帰ろうとしていましたが、来栖(泉澤祐希さん)が突然倒れてしまいます。

公園で東山結衣は来栖を介抱し、無理せず休むように説得したが、彼はしばらく休んだのち会社に戻っていきました。

 

ある日、東山結衣が帰宅すると、種田愁(桜田通さん)からのメッセージが入っていました。

星印社の新しい広報課長・武田の情報のやり取りをしたのち、来栖が種田晃太郎に憧れて無理な働き方をし始めたことを相談します。

 

愁は来栖に会って話がしたいと言いました。

後日、東山結衣は来栖を連れて愁の家を訪ねていきました。愁は自分の身に起きたことを話し出しました。

愁は、あるとき、仕事で怒鳴られ眠れなくなっていました。

 

そんなとき「寝なくても死なない。死ぬ気でやれば乗りこえられる」と兄・晃太郎に言われたのです。

翌日、愁は、線路に飛び込もうとしました。しかし愁は、自殺する一歩手前までいって思いとどまることができました。

 

その理由は、結衣との出会いを思い出したからです。

種田の家に初めて来てお酒を大量に飲んだ東山結衣が、翌日二日酔いで会社をズル休みするところを愁は、偶然見かけました。

 

「ズル休みしちゃった、たまにはいいよね」と笑っていた東山結衣。

愁は、自殺直前にそんな彼女のことを思い出して、なんだか力が抜けてバカバカしくなり、少し休もうと思えたのだそうです。

 

愁は、来栖に種田晃太郎のように働くと必ず認めてもらえると無理しているのではないかと、問いかけます。

また、「兄には仕事しかない、それって幸せなことなんでしょうか」とも言いました。

 

続けて結衣も過去に倒れた話をした上で、来栖は自分が思ってるよりずっと疲れてること、
余計なお世話って言われるかもしれないけど、来栖を守りたいと思ってること、来栖は来栖のままでいいんだということを伝えました。

 

種田晃太郎の真似をするのではなく、来栖は来栖で自分らしい働き方を見つけてほしいと愁は訴えかけました。

来栖は考えてみることにすると返事をしました。

その一部始終を種田晃太郎は廊下で聞いていました。

 

そのことに東山結衣は気づき、種田晃太郎のところに行きました。

種田晃太郎は東山結衣が弟を助けてくれたことに感謝しました。

しかし、種田晃太郎は、愁のことをまったくわかっていなかったことを悔やんでいるようでした。

 

東山結衣の方も、種田晃太郎が彼女のために、定時で帰れる会社に移りたくて無理して頑張っていたのを知らなかったことを、謝りました。

種田晃太郎はネットヒーローズに来るべきではなかったかなと笑いながら言いました。

 

?その夜、東山結衣が家に帰ると、諏訪巧が荷物をまとめていました。彼はしばらく実家に泊まると言い出しました。

そして、「結衣ちゃんとはやっぱり結婚できない」と言い放ったのです。

 

私定時で帰ります 9話の感想

「わたし、定時で帰ります。」第9話は、最終回手前ということもあり、印象的なシーンが多く見られました。

諏訪巧の婚約解消もびっくりでしたが、やはり種田晃太郎の弟の愁くんが自分の経験を来栖くんに語るシーンは心に響くものでした。

 

ここへきて柊くんが引きこもった原因がわかったのですが、その引き金となったのが、「死ぬ気でやれば乗り越えられる」という兄・晃太郎の言葉だったんですね。

なかなか衝撃的でした。この言葉は、ともすれば愁くんの命をも奪っていたかもしれない言葉だったんですね。

 

もちろん晃太郎に悪意があったわけではありません。

彼なりに弟にエールを送ったつもりだったんでしょう。

ですから、愁くんと来栖くんが会話をしているのを聞いていた晃太郎の胸のうちを思うと、心苦しくなります。

 

晃太郎だって人一倍頑張って生きてきたのに、あんな人間になるな、仕事だけの人間は虚しいとか、そんな風に弟や元婚約者に言われているのを聞くのは、死にたくなるほど寂しかったかもしれません。

人間は生きていれば、いろんな困難にあうことがあります。愁くんや東山結衣に関しては、それが社会人になってからのことでした。

 

しかし、学生時代に人間関係や勉強に行き詰まり、「死にたい」と思うという経験をしたことがある人もいると思います。

今回、愁くんが伝えたかったことは、社会人の働き方というテーマだけではなかったと思います。

現状を生きることが辛いすべての人へのメッセージだったのではないでしょうか。

 

眠ることが怖いくらい追い詰められたときには、逃げても良いし、何年休んでも良いんです。

自殺することと比べたら、やってはいけないことなんて、何もないのだと思えました。

しかし、種田晃太郎ほど優秀ではなくても、なんとか頑張って、今までピンチやトラブルを乗り越えてくることができた人にとっては、頑張らない人=怠けている人という風に見えてしまうかもしれません。

 

愁くんのような人にとって一番怖いのはそういう人たちの目なんだろうと思いました。

愁くんが自殺を思い留まることができたのは、結衣さんのおかげ…と聞いたときは、彼女が彼にどんな素敵な声がけをしたのだろうと思って期待して見ていたのですが、
なんと二日酔いしてズル休みするところを見たからというオチで、思わず笑ってしまいました。

 

しかし、人がフッと救われるきっかけなんて、そんな誰かの意図しない言動であることは多いのかもしれないと思うと、生きていくことへの不安が少し軽くなったようなそんな気持ちがしました。

 

スポンサードリンク

まとめ

「私定時で帰ります」第9話のネタバレあらすじと感想についてまとめていきました。

 

「私定時で帰ります」第1話〜最新話はParaviで配信中!

 

 

詳しい視聴方法はこちら→私定時で帰ります 9話・最終回の動画を無料視聴する方法【見逃し配信】再放送

 

→「私定時で帰ります」最終回のネタバレあらすじ

 

LINE@で裏情報を発信しています!

どうも!
当サイト運営者のイクザマロ・D・ドラマンです!

この度はドラマGARDENの記事を最後まで読んでいただきありがとうございました!
現在LINE@では、

・管理人オススメのドラマ記事の紹介や更新情報

・ドラマ鑑賞がより一層楽しくなるプチ情報

・人生に役立つドラマの名言

・ドラマを見ながらお小遣いを稼ぐ方法

など、LINEだからこそ発信できるような内容を発信しています。

 

記事を読んで分からなかったことなども

LINEに質問していただくことで直接答えていくことができるので、

よかったら友達登録だけでもしてみてくださいね!

↓友達追加はこちら↓

友だち追加
(スマホの方は「友達追加ボタン」をクリック、
PCの方はボタンを押してお手持ちのラインアプリでQRコードを読み込めば
数秒で友達追加が完了します。)