パーフェクトワールド 7話のネタバレあらすじ・感想/予告や放送前の反響

NO IMAGE

ドラマ「パーフェクトワールド」第7話のネタバレあらすじと感想について、予告や放送前の反響とともに見ていきます。

 

スポンサードリンク

 

パーフェクトワールド 7話の予告あらすじ

ドラマ「パーフェクトワールド」第7話の予告あらすじはこちら。

 

松本に戻って3カ月、つぐみ(山本美月)はインテリアコーディネーターとして働きながら、実家で穏やかに暮らし、父・元久(松重豊)も少しずつ元気を取り戻していた。そんなある日、洋貴(瀬戸康史)はつぐみを東京でのデートに誘い、ついにプロポーズ!つぐみも洋貴の想いを受け入れ、結婚を前向きに考えようとするが、そんな2人の会話を、偶然通りかかった樹(松坂桃李)が見ていた。
そんなある日、つぐみは、東京の樹の元へ。久々に会った樹とつぐみの間には、気まずい空気が流れるが、つぐみは、松本で出会ったシェフの高木圭吾(山中崇)と車いすで生活する妻・楓(紺野まひる)のために、なんとか樹の力を貸してほしいと、頼み込む。実は圭吾は、完全バリアフリーの家を建てようと考えていて、樹に相談するものの、断られていたのだ。一方、楓はマイホームを持つことが夢だったものの、病気で先にこの世を去る自分のために、夫が私財を投げうって家を建てようとしていることを、素直に喜べずにいた。それどころか、自分では圭吾を幸せにできないと苦しんでいて、その姿につぐみは樹の言葉を思い出していたのだった。

つぐみから高木夫妻の想いを聞いた樹は、2人に会いに行くと約束。それを聞いてつぐみはホッとするものの、洋貴には「樹と会った」と言えず、心が痛む。しかし実は、洋貴は樹からの連絡で、2人の再会を知っていた。つぐみと樹の切っても切れない関係に焦りを感じた洋貴は、「結婚のこと、考えてくれた?」とつぐみにプロポーズの返事を急かしてしまう。それに対し、つぐみは…?

後日、樹は高木夫妻に会いに行くものの、突然、楓が「会いたくない」と言い出す。圭吾に頼んで何とか2人だけで話をする時間をもらった樹は、「なぜ主人の依頼を引き受けることにしたんですか?」と楓に聞かれて…?一方、樹に想いを打ち明けた葵(中村ゆり)は、圭吾の件でつぐみと会ったと話す樹を見て、顔をこわばらせていくが、それを察知した樹は…?

出典: www.ktv.jp

 

パーフェクトワールド 7話・放送前の反響

続いて、ドラマ「パーフェクトワールド」第7話の放送前の反響を見ていきます。

 


【参考】パーフェクトワールド 最終回の結末予想【原作・映画ネタバレから考察】

 

パーフェクトワールド 7話のみどころ

川奈つぐみが、高木夫妻のために鮎川樹の事務所を訪れたところで、第6話が終了しましたね。

川奈つぐみは是枝洋貴のプロポーズを受け入れましたし、川奈つぐみは鮎川樹との恋愛に一旦整理をつねたのかもしれません。

 

高木楓はマイホームを持つことが夢だったものの、病気で先にこの世を去る自分のために、
夫が私財を投げうって家を建てようとしていることを、素直に喜べずにいました。

 

川奈つぐみはその事情を話した上で、高木夫妻の家を担当してほしいと頼み込みました。

彼女の説得の甲斐かあり、鮎川樹は引き受けることを決めます。

今後は川奈つぐみと鮎川樹は、ビジネスで関わって行くのですね。

 

是枝洋貴にとっては、また不安材料となってしまいそうです。

高木夫妻のご主人と奥さんが、それぞれがお互いを思い合うがばかりにすれ違ってしまう姿を見ながら、
川奈つぐみと鮎川樹も交際してた頃の自分たちを重ねて見てしまうかもしれませんね。

 

一方、長沢葵の思いを知ってしまった鮎川樹は、今後の彼女との関係についてどう考えているのでしょう。

「前と同じ関係」というわけには、行かないと思いますので、二人の今後の関係にも注目したいところです。

 

スポンサードリンク

 

パーフェクトワールド(ドラマ)7話のネタバレあらすじ

ドラマ「パーフェクトワールド」第7話の詳しいネタバレあらすじを書いていきます。

川奈つぐみ(山本美月さん)は鮎川樹(松坂桃李さん)のオフィスを訪れます。

そしてなぜ、高木圭吾の依頼を断ったのか川奈つぐみは鮎川樹に問いただしました。

鮎川樹は、障害者である妻の楓の気持ちを考えると、引き受けられなかったと答えました。

 

障害者は、パートナーに負担をかけることが辛いことを知っているからです。

川奈つぐみはそれでもなお、高木圭吾の想いを話し、一生懸命説得します。

そして、鮎川樹は、依頼を受けるかどうかはわからないが、二人に会いに行くと言いました。

 

鮎川樹が自宅に帰ると、長沢葵(中村ゆりさん)が掃除をしていました。

鮎川樹は、彼女に告白された時のことを思い出していました。

そして、子犬のチャコを連れて、ドッグランに付き合ってほしいと提案します。

 

そして、松本に出張になったことも話し、川奈つぐみと会ったこと、今は川奈つぐみは是枝洋貴(瀬戸康史さん)と付き合っていることも話しました。

是枝洋貴は、川奈つぐみが仕事とはいえ鮎川樹と再会したことに不安を感じていました。

 

そして、改めて川奈つぐみにプロポーズの返事を求めてしまいました。

川奈つぐみが困った顔をしているので、是枝洋貴は一旦ひこうと思いましたが、
その直後に、川奈つぐみは「私で良ければよろしくお願いします。」と返事をします。

プロポーズを受けたのです。

 

場面は変わり、川奈つぐみの実家を是枝洋貴が訪れました。そして、結婚の挨拶をします。

川奈つぐみの父親(松重豊さん)も相手が是枝洋貴なら大喜びです。

鮎川樹が高木夫妻に会うために松本からやってきました。

 

しかし、妻の楓が突然「会いたくない!」と言っていると、高木圭吾から謝られます。

鮎川樹は、高木圭吾に、楓と二人で話しをさせてほしいとお願いをしました。

楓と鮎川樹は二人で話すことになりました。

 

楓は、自分のせいで圭吾の夢を奪いたくないと言いました。

けれども楓は本当は新しい家で圭吾と一緒に暮らしたいと思っているのです。

鮎川樹は、そんなふたりのために家の図案を考えます。

翌日、鮎川樹は、高木圭吾と楓に自分が考えた家のイメージ図案を見せます。

 

鮎川樹は、バリアフリーが行き届いた家のイメージ図案を見せながら、家の構造を説明します。

それを聞いた楓は、素晴らしい家だし、こんな家に住めたら…と言いますが、不安そうな顔をしています。

そこで鮎川樹は、この家は少し改装すればそのままお店として使えるということを提案します。

 

つまり、自分のお店を持ちたいという高木圭吾の夢も叶えられるということです。

鮎川樹のプランに高木夫妻は、思わず笑顔になります。

帰り道、川奈つぐみは、鮎川樹に長野の木材が使えないかなどと、提案します。

 

自分の意見を積極的に言うようになった川奈つぐみを見て、「変わったな」と鮎川樹は言います。

鮎川樹はうれしそうです。

雪村美姫と川奈つぐみが、カフェにいます。川奈つぐみは是枝洋貴と結婚することを報告しました。

 

雪村美姫は「それで良かったの?」と聞きますが「これでみんな幸せになれる。」と川奈つぐみは自分に言い聞かせるように答えました。

一方、鮎川樹は長沢葵に、松本の仕事を受けることを決めたと報告していました。

 

長沢葵は不安そうな顔をしています。

なぜか、しおりの家で、渡辺晴人がゲームをしています。どうやら「しおりの好きな人」を見たいようです。

そこに是枝洋貴が帰ってきました。

 

是枝洋貴を見た渡辺晴人は、見るからに良い人そうだとしおりに言い、同意するしおりに対して、人の恋を応援できるしおりも良い人だと言いました。

川奈つぐみの仕事場に、突然長沢葵が訪れました。

 

長沢葵は、今まで川奈つぐみへキツい態度をとっていたことを謝り、鮎川樹と付き合うことになったと報告しました。

川奈つぐみは実家に帰り、高校時代、鮎川樹を思いながら書いていた学校裏の桜の絵を捨てました。

是枝洋貴は、捨てられた絵をごみ捨て場で見てびっくりしています。

 

是枝洋貴と川奈つぐみが結婚式場に一緒に式場を訪れていると、そこで鮎川樹の母親(麻生祐未さん)に会いました。

鮎川樹の母も、結婚することになったと聞き、川奈つぐみも笑顔になります。

 

しばらく二人は会話を楽しんだあと、鮎川樹にも新しい彼女ができたみたいだと川奈つぐみは言いました。

鮎川樹は、母親に、結婚祝いとしてハワイ旅行をプレゼントしました。

母親は泣いて喜びます。

 

母親は、川奈つぐみと結婚式場で出会ったことを話し、「また新しい彼女も紹介してね!」と言います。

鮎川樹は、なんのことだろう?という顔をしています。

長沢葵と鮎川樹は子犬を連れてドッグランへ行き、少しデートっぽい感じを楽しみました。

 

その日の夜は、鮎川樹の家で二人でごはんを食べることになりました。

しかし、ひょんなことから、長沢葵が松本に行っていたことが鮎川樹にばれてしまいます。

「何で松本に行ったの?」と鮎川樹は尋ねます。

 

すると、長沢葵は泣き出しました。「また居場所がなくなってしまうと思うと不安になった」と話し、さらに「鮎川樹と付き合っている」と言ってしまったと言います。

「いつから私、こんな人間に…」と涙を流し続ける長沢葵に鮎川樹はそっと寄り添いました。

 

翌日、川奈つぐみが実家で過ごしていると、突然大きな地震が発生しました。

その頃、鮎川樹は、建築中の家を訪れていました。

木材が倒れてきて、鮎川樹は下敷きになって倒れてしまいます。

 

パーフェクトワールド(ドラマ)7話の感想

ドラマ「パーフェクトワールド」第7話の感想を書いていきます。

鮎川樹と川奈つぐみは、一緒に仕事をすることになりましたね。

ふたりは、仕事を通して、健常者と障害者の夫婦である高木圭吾と楓と向き合うことになります。

川奈つぐみは、高木夫妻を見ていて、自分と鮎川樹のことを見ているような気持ちになり、自分たちと重ねて見てしまうんですね。

 

いくら拒絶されてもひくことのない高木圭吾を見ていて、川奈つぐみは、自分に足りなかったものを考え、後悔しているのかもしれません。

自分たちにできなかった分、高木夫妻にはうまくいってほしいという思いが川奈つぐみを突き動かしているようです。

 

久しぶりに会った川奈つぐみに鮎川樹が「変わった」と言いましたが、川奈つぐみが自分の意思を持って動けるようになったことの原動力は、やはり鮎川樹なのではないかと思いました。

そして、二人は前に進むため、川奈つぐみは是枝洋貴という新しいパートナーを得て、
鮎川樹の方も少しずつ長沢葵の気持ちと向き合おうと努力をしているようでした。

 

しかし、是枝洋貴も長沢葵もあまり幸せそうには見えませんでした。

是枝洋貴も長沢葵も自分が「二番手」であるということは充分承知の上でのスタートだったと思うのですが、
それでも嫉妬する気持ちは抑えられず、自己嫌悪に陥り、苦しそうでした。

 

ただ、鮎川樹と川奈つぐみの交際中、是枝洋貴と長沢葵は、ふたりの周りをけっこうウロチョロしてたと思います。

それが、いざその二人が別れて、川奈つぐみと是枝洋貴、鮎川樹と長沢葵(厳密にはまだ二人は付き合ってはいませんが)がカップルになった今、
鮎川樹と川奈つぐみが仕事で会うことすら快く思わないというのは、是枝洋貴や長沢葵の思考はずいぶん勝手だなぁと思いました。

 

しかし、それは「二番手」だからこその焦りかもしれません。

別れてしまった二人が、この再会をキッカケにまた復縁するかもという不安が拭いきれないのでしょう。

長年片思いをした相手をやっとの思いで振り向かせても、それでハッピーエンドというわけにはいかない、
幸せを掴むのって難しいなぁと、なぜか「二番手」の二人に思いを馳せてしまいました。

 

そして、もう一人、報われない恋に傷ついている人物がいましたね。

ドラマ版パーフェクトワールドのオリジナルキャラクター、つぐみの妹のしおりです。

 

自分の失恋の痛みと引き換えに、大好きな是枝洋貴の長年の思いが実ったことに対する喜びと姉が信頼できるパートナーと結婚することができる安心感を得ることができて、
悲しい気持ちと嬉しい気持ちが入り交ざったような不思議な気持ちでいることと思います。

そんなしおりの心に、渡辺晴人はスルッと入り込んじゃうかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

パーフェクトワールド(ドラマ)7話の再放送

ドラマ「パーフェクトワールド」第7話の再放送がないか、随時更新していくので、

パーフェクトワールドの再放送日程【1話〜最終回】全国のフジテレビ系列番組表でチェック!でこまめにチェックしておいてください。

 

第7話の見逃し配信動画を無料で見たい!という方は、FODプレミアムの無料トライアルに登録することで、

第1話から最新話までを視聴することができます。

→FODをまずは無料でお試し!

 

*紹介している内容は2019年5月30日時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

 

詳しい視聴方法はこちら

パーフェクトワールド 6話7話8話の動画を無料視聴【見逃し配信や再放送予定】

 

第1話〜最新話までを無料で一気に見たい方はこちら

パーフェクトワールドのドラマ動画を無料視聴【1話〜最終回まで全話】

 

 

 

LINE@で裏情報を発信しています!

どうも!
当サイト運営者のイクザマロ・D・ドラマンです!

この度はドラマGARDENの記事を最後まで読んでいただきありがとうございました!
現在LINE@では、

・管理人オススメのドラマ記事の紹介や更新情報

・ドラマ鑑賞がより一層楽しくなるプチ情報

・人生に役立つドラマの名言

・ドラマを見ながらお小遣いを稼ぐ方法

など、LINEだからこそ発信できるような内容を発信しています。

 

記事を読んで分からなかったことなども

LINEに質問していただくことで直接答えていくことができるので、

よかったら友達登録だけでもしてみてくださいね!

↓友達追加はこちら↓

友だち追加
(スマホの方は「友達追加ボタン」をクリック、
PCの方はボタンを押してお手持ちのラインアプリでQRコードを読み込めば
数秒で友達追加が完了します。)