Paravi(パラビ)は解約し忘れた場合に日割りはできる?タイミングや請求日に注意!

NO IMAGE

動画配信サービスParavi(パラビ)は登録から2週間間は無料で利用することができますが、
無料期間の終了日と有料期間突入時の請求日に注意しなければなりません。

 

そこで今回は、Paravi(パラビ)の無料期間と請求日の注意点、また万が一解約し忘れた際に日割りはできるのかということについてまとめていきます。

→Paravi(パラビ)の無料お試し登録はこちら

 

Paravi(パラビ)の無料期間と請求日の注意点

パラビは無料期間の終了日に注意しなければ、
「無料期間中に退会しようと思っていたのに気づいたら有料期間に入ってしまっていた・・・」
なんてことになりかねません。

 

もちろん有料継続してもパラビはかなり楽しめるサービスなのですが、金銭的な都合上どうしても無料期間しか利用できないという方もいますよね。

 

特に注意しなければならないのは、無料期間の2週間というのが

・登録した日を含めて2週間なのか?
・それとも登録した日から2週間後までなのか?

といったこと。

 

例えば、6月5日に登録した場合、

①6月19日(6月5日を含む)まで無料なのか?
②6月20日(6月5日を含めない)まで無料なのか?

ややこしいところですよね。

 

結論を言うと、この場合

①6月19日(6月5日を含む)まで無料

が正解となります。

 

そしてこの場合6月19日が請求日となります。

 

つまり次回請求日までに退会したい場合は、前回の請求日を含めて2週間の間に退会する必要があります。

 

ちなみに請求日の請求時間についてはきっちりと定められてはいないようです。

 

実際私はクレジット自動支払いで2019年2月から利用していましたが、支払い履歴は

・2019年2月1日 19:36
・2019年3月2日 09:25
・2019年4月1日 17:35
・2019年5月1日 13:26

と、バラバラの時間に引き落とされています。

 

つまり請求日の何時に支払われるかが分からないので、請求日の前日までには退会しておく必要があるということです。

 

Paravi(パラビ)を解約し忘れた際に日割りはできる?

万が一退会しようと思っていた月に退会を忘れてしまい、次回請求がされてしまった場合、
請求日からすぐに退会することで日割り計算などになったりはするのでしょうか?

 

結論を言うと、日割り料金にすることはできません。

 

例えば、5月4日までの契約でそれまでに解約しようと思っていたものの、解約を忘れて5月5日から新たな月額期間に突入してしまった場合、5月6日に退会したとしても1017円(税込)の料金を払わなければなりません。

自分がいつまで利用したいのかをしっかりと把握しておくようにしましょう。

 

Paravi(パラビ)解約後はすぐに利用できなくなるの?

上記までを読んで、「パラビの解約を忘れてしまわないように、早めに解約だけしておいて残り期間を利用することはできないの?」という疑問を持った人も多いと思います。

 

どういうことかというと、例えば6月5日までの契約だったとして、忘れないように早めに5月31日に退会した場合、残りの5日間は直ちに利用できなくなるのか、それとも残り日数は退会しておいても利用できるのかどうかということです。

 

これに関しては無料お試し利用の場合は前者、有料会員の場合は後者となります。

つまり、無料お試し会員の場合はスケジュールに記入しておくなどして期間内いっぱいまで解約を待った方がお得で、

すでに有料会員の場合は退会を決めている場合は早めに解約しておいた方がお得ということになります。

 

Paravi(パラビ)の無料お試し登録はこちら

*紹介している内容は2020年2月時点のものです。最新情報は公式サイトでも確認するようにしてください。

 

 

 

Paraviカテゴリの最新記事