インハンド 6話のネタバレあらすじ・感想/予告や放送前の反響・ゲストや動画も

NO IMAGE

2019年5月17日放送のドラマ「インハンド 」第6話の予告動画と予告あらすじ、
ネタバレあらすじと感想について見ていきます。

 

スポンサードリンク

インハンド 6話の予告動画と予告あらすじ

まずは「インハンド 」第6話の予告動画と予告あらすじについて見ていきます。

 

「インハンド 」第5話の予告動画はこちら。

 

続いて、「インハンド 」第6話の予告あらすじはこちら。

正式に内閣官房サイエンス・メディカル対策室のアドバイザーとなった紐倉(山下智久)は、助手の高家(濱田岳)を連れて内閣府にあるSM対策室を訪れる。牧野(菜々緒)は対策室のメンバーに、紐倉と高家を紹介。網野(光石研)は早速、紐倉に相談を持ちかける。

国民栄誉賞の授与が検討されている日本陸上界のエース・野桐(清原翔)のドーピング疑惑について調べてほしいというのだ。最初は拒否した紐倉だったが、高家の必死過ぎる頼みによって渋々受けることに。

紐倉と高家、そして牧野は、ドーピング疑惑の真相を探るため、練習中の野桐に会いに行く。陸上界の異端児と言われるだけあって、レース前後に野獣のような雄叫びをあげたり、謎のダンスを踊り出すなど、謎めいた行動が多い野桐。変人な上に傲慢な性格で、紐倉にも執拗に突っかかる。

そんな中、紐倉は野桐の”ルーティン”に目を付ける。そこからあることに気付いた紐倉は、さらに詳しく調べるため、野桐の高地トレーニングを観察するために高家を連れ出すが…。

出典: www.tbs.co.jp

 

インハンド 6話の放送前の反響

そんな「インハンド 」第6話の放送前の反響を見ていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

インハンド 6話のみどころ

第5話では、紐倉哲は過去のトラウマを乗り越えました。

紐倉哲の上で心境の変化もあったようですし、もしかしたら雰囲気がガラリと変わるかもしれませんね。

高家春馬への接し方が変わるのか、そのあたりにも注目です!

 

次回は第5話ということでいよいよドラマも後半戦ですね。

そして、第5話からは紐倉哲は、正式に内閣官房サイエンス・メディカル対策室のアドバイザーとなります。

 

紐倉哲がアドバイザーに就任してからの一番最初の仕事は、国民栄誉賞の授与が検討されている日本陸上界のエース・野桐のドーピング疑惑について調べてほしいとのことだそうです。

 

清原翔さん演じる野桐は、レース前後に野獣のような雄叫びをあげたり、謎のダンスを踊り出すなど、謎めいた行動をするようです。

しかも、変人な上に傲慢な性格ということで、誰かモデルとなるアスリートがいそうですよね。(笑)

 

紐倉哲の研究内容とドーピングって関係あるのかな〜と思いましたけど、紐倉哲がどんな風に解決するつもりなのか気になりますね。

そして、第5話の最後に福山和成が取り出していたエボラウイルスらしきものも気になります。

 

やはり、福山も入谷迴の死に納得していなかったのでしょうね。

 

スポンサードリンク

 

インハンド 6話のネタバレあらすじ

「インハンド 」第6話の詳しいネタバレあらすじを書いていきます。

 

紐倉哲(山下智久さん)は正式に内閣官房サイエンス・メディカル対策室のアドバイザーになりました。

高家春馬(濱田岳さん)は、内閣府でのお仕事が決まり、とてもはりきっています。

そして、二人はSM対策室を訪れました。

 

網野(光石研さん)と挨拶をし、義手で握手を交わしましたが、握手の途中で充電が切れてしまい、義手が網野の手に残りました。

そして、網野から調査してほしい案件についての話を聞くことになりました。

陸上選手の野桐俊(清原翔さん)は、日本を代表するアスリートであり、とても人気がありました。

 

実力も人気もあるのですが、その言動を注目されることが多い選手でもありました。

野獣のような雄叫びをあげたり、走り終わった後にはトラックの神様に捧げる感謝のダンスを踊ったりと、そのパフォーマンスも注目されていました。

 

また、野桐俊は、次の世界大会では、金メダルを期待されている選手だったので、国民栄誉賞の授与を政府は検討中でした。

そこで内閣府は、紐倉哲たちには秘密裏に野桐俊のドーピング検査をして欲しいと頼んできました。

賞を授与したあとに、良からぬ事実が発覚したら、ややこしいことになるからです。

 

紐倉哲は、なぜドーピングがだめなのかもわからないので、はじめは断っていたのですが、高家春馬はどうしても内閣府で仕事をしたいという思いを伝え、必死に説得をします。

紐倉哲と高家春馬は野桐俊に会いに行くことにしました。

 

野桐俊の一連の動きを見た紐倉哲は、野桐俊は一定の法則性をもって、かなり細やかにたくさんのルーティーンを行なっていることに気づきます。

紐倉哲はなんと本人に「君はドーピングしているのか?」と質問します。

 

野桐俊は、「していない。」と言い切った上で「自宅でもなんでも見せるからとことん調べればいい」と答えました。

野桐俊の自宅へ行き、尿検査と血液検査をしましたが、ドーピングの形跡は見つかりませんでした。

 

しかし、紐倉哲には野桐俊はドーピングをしているとう確証があったようです。

スポーツ省が、もう野桐瞬間への調査はやめるように通告したので、網野たちは、もうこれ以上の調査はやめてほしいと思っていました。

 

もちろん紐倉哲は聞くわけありません。

紐倉哲は、ギチギチのルーティーンを手順通りに行う野桐俊を見ていて、強迫性障害だろうと考えていました。

そんな野桐俊が6年前と現在ではルーティーンが微妙に変わっていることに、紐倉哲は違和感を覚えていました。

しかもルーティンが変わった時期が、かかりつけのクリニックを変えた時期と同じだと牧野巴(菜々緒さん)がつきとめます。

 

野桐俊のドーピングの証拠を掴むために、紐倉哲は野桐俊の観察を続けていくことにしました。

野桐俊が地味なトレーニングをコツコツと積み上げている様子をずっと見ている紐倉哲と高家春馬。

そのアスリートの根気強い地道な鍛錬は、研究者のそれとも似ていると感じ始め、紐倉哲と野桐俊は心を通わせるようになります。

 

紐倉哲は野桐俊は、遺伝子ドーピングをしていると思うようになりました。

野桐俊のルーティーンや曲の好みに変化があったのは、遺伝子が変わったからであるのではないかと、紐倉哲は思っているのです。

 

深谷クリニックへの支払いが異常に多いことが気になったので、紐倉哲と高家春馬、さらには牧野巴まで従えて、野桐俊が通っている深谷クリニックを訪ねましたが、結局何もわかりませんでした。

その後、野桐俊の実家を訪問すると、国立がん総合センターの郵便物を見つけました。

 

紐倉哲の中で、ようやく結論が出たようです。

紐倉哲たちはレース前の野桐俊のところを訪れます。

そして、野桐俊は遺伝子ドーピングを行ったときに、狙いではない遺伝子に傷が入ってしまい、そのことで悪性リンパ腫になってしまったのだろうと話します。

 

父親の家にあったがんセンターの郵便物があったのは、父親が適合検査を受けたからなのでした。

紐倉哲たちは、レースには出ないように言いましたが、野桐俊は、父親とは適合しなかったことと、自分にとって今回の世界大会が最後のレースだと言いました。

 

「必ず勝ってやる」という言葉を残し、野桐俊はレースに向かいました。
しかし、レースの途中で、野桐俊は倒れてしまいます。

後日、野桐俊のニュースを紐倉哲たちはテレビで見ています。野桐俊は、意識不明の重体だそうです。

 

高家春馬はあの時、野桐俊がレースに出ることをちゃんと止めれていればと後悔していました。

しかし、紐倉哲はそれは違うと言います。

野桐俊にとってドーピングは自分の走りを探求するための一つの手段であり、悪いことをしているという感覚はないのだと。

 

そして、野桐俊がドーピングをしていても素晴らしい選手であることには変わりないと言いきりました。

そんなふうに二人がやり取りをしているのを見ていた牧野巴の携帯電話が鳴りました。

牧野巴は電話が終わったあと、娘から電話があったので帰る、と言いました。

 

紐倉哲と高家春馬は、牧野巴に子供がいたことに驚きます。

 

インハンド 6話の感想

続いて、「インハンド 」第6話の感想です。

 

第5話で、紐倉哲は過去のトラウマを乗り越えましたね。

そうして迎えた第6話、紐倉哲が幻肢痛で苦しむことはなくなったようですので、一安心です。

紐倉哲の高家春馬への扱いは相変わらずですが、ほんの少し紐倉哲の表情が明るくなったような感じがしました。

 

そんな、第6話のゲストは、今話題のモデル出身イケメンの清原翔さんでした。

「なつぞら」の田舎の優しい昭男兄ちゃんのイメージで、清原翔さんを見ていた人はびっくりしたのではないでしょうか。

 

口が悪くて、変わり者のアスリートという、朝ドラとは真逆の役どころでしたが、清原翔さんのカッコ良さがキラリと光ったと思います。

身長が高くて、体格がしっかりしていて、いかにも陸上のアスリートって感じでしたよね。

第6話のストーリーは、ドーピングについてどう考えるかという、少々哲学的な内容でした。

 

アスリートではない一般の人はドーピングについて真剣に考えることはあまりなかったと思います。

そんな飲んではいけない薬があるのかなー程度に思っていたのですが、
食品や病気の治療薬にもドーピングと判断されてしまうような成分が含まれているなんて知りませんでした。

 

食品や治療薬は、場合によってはドーピングとみなされるのに、恵まれた環境で高地トレーニングをできることはドーピングにはあたりません。

何が正しくて、間違っているのか。何が平等で、不平等なのか。物理はよくて科学はダメなのか。

 

さまざまな国の人が参加するスポーツの大会、条件も環境もみんな違うのに、ドーピングだけをしっかりと取り締まったところで平等になんてならないですよね。

紐倉哲と野桐俊の会話を聞いているとこんがらがりそうになりました。とても難しい問題です。

 

紐倉哲は、野桐俊の足元をすくうために調査をしているわけではなく、ただただ真実を追求するために野桐俊を観察していたのですね。

ですから、野桐俊のことを、他者を出し抜くために「ズルをした悪者」として捉えるのではなく、
ただ自分の可能性を最大限に引き出したかっただけの純粋なアスリートとして捉えました。

 

紐倉哲が「かもめのジョナサン」の一節に気付くシーンはとても素敵だったと思います。

“彼にとってスピードは力だった。
スピードは歓びだった。
そしてそれは純粋な美ですらあったのだ”

野桐俊がレースの途中に倒れてしまうシーンは、悲しかったですが、彼が陸上人生をまっとうできたことは良かったと思えるようなラストでした。

 

オススメ記事
インハンド 右手の仕組み【撮影はどうやってるの?】山下智久の義手の秘密

 

スポンサードリンク

 

インハンド 6話のゲストキャスト出演者

「インハンド」にレギュラー出演しているメインキャストについて

インハンド キャスト一覧【メインからゲストまで】各出演者の役柄と見どころ

 

「インハンド」第6話のゲストキャストについて

インハンド 6話のゲストキャスト出演者まとめ 

 

インハンド 6話の見逃し配信動画・視聴方法

「インハンド」第6話に関して、

「放送を見逃した!」

「あのシーンをもう一度見たい!」

という方は、

動画配信サービスParavi無料トライアル(30日間無料)に登録すれば、今すぐ無料で視聴することができます。(第1話から最新話まで配信中)

 

>>Paraviをまずは無料でお試し!

 

*配信状況は2019年5月23日時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

 

詳しい視聴方法やParaviのメリット・楽しみ方の説明はこちら

インハンド 4話5話6話の動画を無料視聴【見逃し配信】再放送予定も

 

全話をイッキ見したい方はこちら

インハンドの動画を無料視聴する方法【1話〜最終回】見逃し配信からpandoraまで

 

「インハンド」 第6話の再放送予定

インハンド の再放送日程【1話〜最終回】全国のTBS系列番組表でチェック!

 

 

 

 

 

LINE@で裏情報を発信しています!

どうも!
当サイト運営者のイドラマンです!

この度はドラマGARDENの記事を最後まで読んでいただきありがとうございました!
現在LINE@では、

・管理人オススメのドラマ記事の紹介や更新情報

・ドラマ鑑賞がより一層楽しくなるプチ情報

・人生に役立つドラマの名言

・ドラマを見ながらお小遣いを稼ぐ方法

など、LINEだからこそ発信できるような内容を発信しています。

 

記事を読んで分からなかったことなども

LINEに質問していただくことで直接答えていくことができるので、

よかったら友達登録だけでもしてみてくださいね!

↓友達追加はこちら↓

友だち追加
(スマホの方は「友達追加ボタン」をクリック、
PCの方はボタンを押してお手持ちのラインアプリでQRコードを読み込めば
数秒で友達追加が完了します。)

 

インハンドカテゴリの最新記事