小栗旬の演技力【上手い?下手?】評価や役者としての魅力

NO IMAGE

演技力のある俳優さんを挙げるとなれば、小栗旬さんの名前は、かなり上位に上がると思われます。

小栗旬さんは、映画界の巨匠の蜷川幸雄さんにも認められているという話も有名ですね。

小栗旬さんは、テレビ、映画に引っ張りだこな俳優さんですが、その理由はルックスのカッコ良さもあるでしょうが、やはり演技力の素晴らしさであるかと思われます。

 

小栗旬さんの演技力に関しては「上手い」という意見がほとんどであり、「下手」という意見はほぼありません。

今回はそんな小栗旬さんの役者としての魅力と演技力を今まで出演されたドラマを紹介しながら見ていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

小栗旬さんの役者としての魅力

小栗旬さんの魅力は、カッコいい、イケメンという要素であり、女性のファンが非常に多いです。

しかし、それと同時に演技派の役者として名前が上がることも多い俳優さんです。

 

これまでには俳優の演技に対する演技論を小栗旬さんが語る場面がテレビ番組で紹介されることもよくありましたし、
小栗旬さんが俳優としての仕事に熱を持っていることは、わりも認知されています。

 

そんな小栗旬さんが特に注目され、ブレイクのきっかけとなったのは、「花より男子」くらいからではないでしょうか。

「花より男子」で小栗旬さんが演じた花沢類は、ハマり役であり、そのカッコいいルックスが世の女性を魅了しました。

 

優しい表情と話し方がとても素敵で女性たちはもう虜でしたね。

この作品以前の小栗旬さんは不良役が多かったので、それは花沢類とは正反対の役どころであり、
小栗旬さんの花沢類には良い意味で裏切られたという印象でした。

 

小栗旬さんはもともと子役されていましたので、俳優としてのキャリアはとても長いです。

子役時代に小栗旬さんの名前が有名になることはなかったのですが、子役時代から培ってきた演技力が今の小栗旬さんを形作っていることは間違いありません。

 

スポンサードリンク

小栗旬の演技力の評価/上手い?下手?

役によって全く違う表情や態度を見せる小栗旬さんのプロ意識はとても高いものです。

小栗旬さんが出ている作品というだけで次の作品やこれまでの作品が見たいと思ってしまう人は多いようです。

 

そんな小栗旬さんについて、今回は演技力という観点から世間では一体どんな評価を得ているのか気になったのでまとめてみることにしました。

 

まずは、小栗旬さんの簡単なプロフィールを紹介します。

生年月日?  1982年12月26日
出生地?   日本・東京都
身長?    184cm
職業    ?俳優
ジャンル?  映画、テレビドラマ
活動期間?  1994年 ?
配偶者?   山田優(2012年 ? )

 

上手いという評価について

では、小栗旬さんが今までに演じた役を見ていきたいと思います。

 

○獣医

それまで知的な印象は少なかったですが、獣医師の役柄を「獣医ドリトル」で演じています。

今まで演じたことがない役柄でしたが獣医役も何なりとこなしておられました。

 

○刑事

小栗旬さんはアクションもこなすことができる俳優として知られています。刑事役は「東京DOGS」と「Border」で演じました。

小栗旬さんの「クローズZERO」などの不良役のときのアクションに魅了された人も少なくないと思いますが、
刑事として見せたアクションには、大人の色気のようなものも加味され、より魅力的な主人公となりました。

 

では「Border」のときの小栗旬さんの演技に対する世間の声を紹介します。

 

「BODERまさかの終わりで思考停止。今までいろんなドラマの刑事が越えなかった壁を越えてしまうとかまさかwあと小栗旬やっぱ演技うまいわ~。最後の泣きのシーン…めっちゃよかったよ。ルパンどうしようか迷ってたけど見に行こう♪」

 

「BODERの最終回観ちゃった…怖かった(ToT)あまりのバッドエンドに言葉もありません…救えねえ…」

 

「ただ小栗旬の精神を病んでいく演技がもう上手すぎて苦しかった。BODERこう終わるのかぁ…」

 

「バッドエンドはスクールデイズで慣れたと思ってたけど小栗旬最後の演技はやばかった」

 

「Border」は、小栗旬さんの作品の中でもかなり反響の大きい作品だったようですね。

 

○社長

小栗旬さんは「リッチマンプアーウーマン」の中でIT社長役を演じています。

 

仕事一本な真面目な役を演じ、「リッチマンプアーウーマン」の視聴率はとても高いものでした。

主人公の少し冷徹な感じもうまく表現されており、小栗旬さんの演技力の高さを知れる作品の一つです。

 

○一人二役

ドラマ『信長協奏曲』では、織田信長と高校生のサブローの一人二役を演じ、見事な役の演じ分けをしていたことでも注目を浴びました。

 

同一人物が演じているとは思えないような演技だと話題になりました。

この作品にも小栗旬さんの演技力とカッコ良さを称賛する声がたくさん寄せられています。

 

「信長協奏曲は小栗旬の演技力の凄さが滲み出てわかるからとても好き。一人二役で目の使い方とか完璧すぎて尊敬するよ小栗旬。。小栗旬が好きすぎて辛いです助けてください」

 

「『信長協奏曲』の再放送観てから、どちらかと言えば否定派だった銀魂の実写化がすごく楽しみになってきました。小栗旬の演技力すごい。銀魂絶対観ます。」

 

「小栗旬演じるサブローと織田信長(明智光秀)、同一人物が演じているとは思えない演技力。すごいなぁ…。」

 

この時点では、まだ公開されていない「銀魂」の映画を見たくなってしまうほどにまで演技に対する信頼度が高いとは、さすが小栗旬さんです。

 

○弁護士

Hulu限定配信での連続ドラマ『代償』で、海外進出を果たしました。

これまで得意としていた力強い役とはうって変わり、過去にトラウマを持つクセのある弁護士を演じました。

 

特に鬼気迫る最後のシーンが話題となりました。

かなり反響が大きかったようなので、その声を紹介したいと思います。

 

「『代償』6話まで見ました。驚愕のリアリティと、衝撃の場面に、一言で言うと、【人間の隠れた憎悪】がドーンと心に突き刺さる内容でした。」

 

「huluにて『代償』全話鑑賞。こんなに全てが人生の全てが巧みに操られる恐怖は想像を絶する。ただ。小栗旬さんの追い詰められる演技と、ラストの気持ちの良い後味の悪さは『ミュージアム』での既視感を超える事は無かった。」

 

「小栗旬と高橋努の演技がすごい。原作読もうかな。」

 

「悪役と言うか被告演じる高橋努さんの狂気あふれる役も、ものすごい見ごたえがあって怖かったですが追い詰められた弁護士を演じる小栗旬さんの狂ってしまう様子の臨場感や、最後のシーンの匂わせ感はさすが!と思ってしまいましたね。」

 

下手という評価について

小栗旬さんに関しては、演技が下手という評価はほとんどありませんでした。

 

強いて言うなら「二つの祖国」という作品で、小栗旬さんの演技があまり良くなかったという声が多少ありましたが、
他の作品に関しては絶賛の声がほとんどを占めています。

 

スポンサードリンク

まとめ

小栗旬さんの演技力がわかるドラマ作品をいくつか紹介しました。

これを見てわかるようにアクションから真面目な役まで幅広くこなすことができる小栗旬さんはとても演技力が高い俳優と言えるのではないでしょうか。

 

小栗旬さんは、迫真の演技が注目される俳優さんです。

キャラによって別人と思えてしまうまでのなりきり具合は脱帽してしまいますよね。

 

今後の小栗旬さんの活動にも注目しつつ、応援していきたいと思います。

 

俳優・女優の演技力カテゴリの最新記事