山田孝之の演技力はうますぎ?下手という声も?評価や役者としての魅力

NO IMAGE

山田孝之さんは間違いなく日本の俳優さんの中では一際演技がうまいということで定評がある俳優さんだと思います。

それほど、普段ドラマや映画を見ない人でも、「あの、演技のすごい俳優さん」と認知されているように思います。

 

そんな日本を代表する演技派俳優の山田孝之さんの役者としての魅力にスポットを当てていきます。

山田孝之さんの演技力に関しては「上手い」という意見しか見つけることができませんでしたが、一体どのように上手いのか、役者としての魅力とともに見ていきます。

 

スポンサードリンク

山田孝之の役者としての魅力

山田孝之さんをひとりの人物として見ていると、全然違う役をされていて、見るたびにイメージが違うので、どんな人物なのか繋がらないと思うかもしれません。

しかし、そのドラマに存在している役としてみると、ひとりの一貫した人物像が見えてきて、彼の演技の凄さがわかると思います。

 

山田孝之さんは、カメレオン俳優と呼ばれている俳優の一人ですが、その役にそこまでハマりきるために、
山田孝之さんは日頃からの意識してることと練習してることがあるようです。

まず、出演のオファーは1つしか受けないというこだわりが山田孝之さんにはあるようです。

 

つまり出演のオファーを同時に2つは受けないということです。

もちろん出演してほしいというオファーは少なくないのでスケジュールはギチギチであるため、一つの作品が終われば、また次の作品がすぐそこに控えているという状態です。

 

山田孝之さんは、私生活まで役のことを考えているそうなので、オファーを受けないというよりは、受けられないといった状態だそうです。

山田孝之さんは私生活でまでその役のことを考え、行動しているのですね。

 

ですから、役作りをしているとプライベートの自分がほとんど出なくなるので、その環境下で2つの役を同時に練習することは無理なのでしょう。

山田孝之さんの役作りにかける思いは、他の追随を許さないものだと思われます。

 

私生活にまでその作品や役への思いを持ち込み、しっかり自分に落としてこられてるわけですから、山田孝之さんの演技が「うまい!」と絶賛される理由にも納得です。

 

スポンサードリンク

山田孝之の演技力の評価/上手い?下手?

「山田孝之さんの演技めっちゃうまいよね!」

「毎回キャラが違いすぎる!」

 

なんて言われることがほとんどであり、何かと批判されがちなネットでも下手と言われる事はほとんどありません。

山田孝之さんが演技がうまいとよく言われている理由は、とにかく色々なジャンルの役に挑戦し、それがすべてハマっていることだと思います。

 

今まで演じた役は、オタク、ヤンキー、星(?)、ヤクザ、勇者(おバカ)とあまりにもバラエティーに富んでますよね。

もちろん恋愛ドラマや映画にも出たことありますし、アクションやSFにも山田孝之さんは登場して、高い評価を受けています。

 

上手いという評価について

では、山田孝之さんの代表作は数えきれないほどあり、
彼の演技の幅はものすごく広いです。作品によって見せる顔が180度違うと、多くの視聴者はびっくりしています。

 

まずは、「電車男」
2005年6月4日公開の映画で電車男役として登場しました。

 

「電車男の頃の山田孝之ってぜんぜん山田孝之感ないな」

 

本来はイケメンなはずの山田孝之さんですが、エルメスさんに一生懸命、自分の思いを伝えるシーンでは思わずもらい泣きしてしまうほど、そのピュアな気持ちや恋愛初心者な感じが伝わってきて、深い感動を呼び起こしました。

 

そして、「クローズ1」
2007年10月27日、2が2009年4月11日に公開されています。

 

山田孝之さんが演じたのは、芹沢多摩雄というやくであり、これがまた素晴らしいんです。

 

「え、何この方、かっこよすぎるんですけど…!電車男を見た後にクローズを見ると、本当に同一人物の演技なの!?と疑いたくなってしまいます。」

 

「今日は華金だからクローズZERO2で山田孝之が綾野剛に胴廻し回転蹴り?を放つシーンを観て過ごします。あとは頼んだぜ。」

 

「山田孝之さんがかっこよすぎて見れない!」

 

かわいかった電車男からは激変! めちゃくちゃハードでかっこいい山田孝之さんが見られます。

彼はどんな役をやっても沢山のファンを虜にしてしまいす。

 

続いて「荒川アンダーザブリッジTHE MOVIE」

2012年2月4日公開されたこの映画では、なんと人間から離れてハードボイルドな星役でした。

 

「荒川アンダーザブリッジ」は、原作が人気で実写キャストも豪華と当時話題になっていました。

 

主演の林遣都さんは、撮影当初からかなりプレッシャーを感じていて、緑の小栗旬と黄色の山田孝之を前にした瞬間、
不安と恐怖から思わず泣き出してしまったというエピソードまであります。

 

「原作漫画の星役と大差ない!w」

 

こんな特殊な役でも、そう評価されるほど、山田孝之さんのなりきりぶりはすごいようです。

そして、山田孝之さんの代表作であるのが「闇金ウシジマくん」ですね。

 

2010年〜放送された大人気ドラマですが、このドラマで山田孝之さんのファンになった方も多いらしいです。

 

「闇金ウシジマくんの時の山田孝之まじタイプ 」

 

「男らしいし守ってくれそうやし年上やし、なんたって顔がもろタイプ 」

 

「あぁ〜ウシジマくん抱いて 笑笑
共感出来る女の子多いはずっっ 」

 

山田孝之さんのカッコ良さが存分に味わえる作品となっており、世の女子の心を鷲掴みにしたようですね。

この作品で、丑嶋馨役の山田孝之さんはいつも表情を変えず、汗もかかない役でした。

 

山田孝之さんは汗をかかないようにするために常に保冷剤を常備していたんだそうです。

そういう細部にもこだわるところが山田孝之さんの演技が評価される所以かと思われます。

これまでとはまた違った、クールな役であり、本人のキャラとも全然違いますが、見事に演じ切られました。

 

そして、忘れてはいけない山田孝之さんの大人気シリーズといえば、2011年から放送された「勇者ヨシヒコシリーズ」ですね。

ギャグドラマなんですが、ドラゴンクエストが好きな方は特にハマる作品だそうです。

 

カッコよかったウシジマくんの役とは一転、口調が「ですます」調というおバカキャラです。

とにかく動きでも顔でも楽しく笑えるドラマで、3シリーズまで続いています。

 

「笑ったwww」

 

「ウケッター」

 

「ポリフェノーーーール!!
リコピンッ!!
あああああああああぁぁぁ…!! 」

 

ツイッターを見ると、楽しすぎて視聴者のテンションが上がっているのが見受けられますね。

山田孝之さんが好きでまだこのドラマを見ていないとしたら、損してると言われてるくらいの秀逸な作品です。

 

山田孝之さんは、他にも色々な作品に出ていますが、それぞれ特色が違います。

逆にあまりにも「山田孝之感」がないために、前の作品のイメージが抜けず、違和感を感じる視聴者までいると言われるほどだそうです。

 

下手という評価について

山田孝之さんに関しては、演技が下手という評価を見つけることができませんでした。

 

どんなに演技が上手いとされている役者さんだとしても、どうしてもその作品と役者さんの雰囲気が合わないために不発に終わるということは多分にありえることだと思うのですが、
山田孝之さんに関しては、そういったミスマッチもないようです。

 

どんな役がまわってきたとしても、確実にそのキャラクターに憑依し、
また、そのキャラクターを魅力的なものに仕上げる手腕を山田孝之さんは持っているようですね。

 

スポンサードリンク

まとめ

山田孝之さんの演技がうまいと言われる理由は、やはりそれぞれの役になりきって視聴者に違和感を抱かせないところにあるかと思われます。

 

山田孝之さんが出演するドラマや映画をぜひもう一度見返してほしいですね。

そういう視点で見ると、新たな発見があるかもしれませんよ。

 

俳優・女優の演技力カテゴリの最新記事