桜井ユキの演技力【上手い?下手?】評価や役者としての魅力

NO IMAGE

23歳の時に再び上京し、24歳で念願かなって芸能界入りした桜井ユキさん。

少し年齢的には遅いスタートではありましたが、舞台やCM、ドラマや映画など様々な役柄を演じており、その確かな演技力は話題になっています。

今回は、そんな桜井ユキさんの役者としての活動と魅力にスポットを当てていきます。

 

桜井ユキさんの演技力に関しては「上手い」という意見がたくさん出ています。

世間一般の人が感じている桜井ユキさんの演技力の評価を桜井ユキさんの役者としての魅力とともに見ていきます。

 

スポンサードリンク

桜井ユキの役者としての魅力

桜井ユキさんの簡単なプロフィールと過去の主な出演作品を紹介したいと思います。

 

◎プロフィール

生年月日 1987年2月10日
出身地  日本 福岡県
身長   163 cm
職業   女優
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台・CM

 

◎テレビドラマ出演作品

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(2016年1月18日 – 3月21日、フジテレビ) – 丸山朋子 役

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 第2話(2017年4月30日、フジテレビ) – 富永真美子 役

悦ちゃん〜昭和駄目パパ恋物語〜(2017年7月15日 – 9月16日、NHK総合 土曜時代ドラマ) – 敏子 役

刑事ゆがみ 第5話(2017年10月9日、フジテレビ) – 音島カレン 役

モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-(2018年4月19日 – 6月14日、フジテレビ) – 江田愛梨 / エデルヴァ 役

コンフィデンスマンJP 第7話(2018年5月21日、フジテレビ) – 与論弥栄(ギンコ)役

絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜 最終話(2018年9月10日、フジテレビ) – 相馬由紀子 役

大恋愛〜僕を忘れる君と 第4話 (2018年11月2日、 TBS) – 梓澤レイ 役

柴公園(2019年1月 – 、テレビ神奈川ほか) – ポチママ 役

絶対正義(2019年2月 – 、東海テレビ/フジテレビ) – 今村和樹 役

 

今回は、桜井ユキさんのテレビドラマ出演作品を紹介しましたが、桜井ユキさんの主な活動場所は映画のほうかもしれません。

桜井ユキさんは、映画ファンを中心に注目を集めつつある女優のひとりです。

 

主演映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY―リミット・オブ・スリーピング ビューティ―』では、
高橋一生と濃厚な絡みを見せ、松坂桃李主演の話題作『娼年』では主人公・リョウを慕う同級生・白崎恵役で話題になりました。

 

妖艶でセクシーな魅力だけでなく、潔癖さや初々しさを感じさせる役も演じ分けられるという点で、
ネクストブレイクを確信している関係者も多いと言われています。

 

スポンサードリンク

桜井ユキの演技力の評価

桜井ユキさんは、特にクセの強い役柄が多く、不倫をする秘書やB級の詐欺師、男娼に片思いをする女子大生、家族を殺され復讐の炎を燃やす女性、45歳の童貞に片思いする女優と、
毎回、その役どころがインパクトがありすぎて話題になっています。

 

映画ファンにはけっこう前から注目されている女優さんでしたが、
ドラマ好きの人の目に桜井ユキさんが止まるようになったのは、「モンテ・クリスト伯」くらいからだと思われます。

 

桜井ユキさんの魅力を知る映画ファンの人たちは、序盤の桜井ユキさん演じる愛梨の姿に「このまま単なるマネージャーってこと…あるのか?」と思いながら観ていたようですが、
桜井ユキさんのことが初見だった人たちは後半での桜井ユキさんのその豹変っぷりに度肝を抜かれました。

 

つまり愛梨役では、桜井ユキさんが、二役と言いたくなるほど別の顔を見せたわけですね。

 

愛梨が、後ろからディーンフジオカさん演じる真海に抱きつき、革グローブを外してもらったり、キスをしそうでしなかったり、そんなエロティックなシーンも展開され、

あまりにもセクシーなその絡みに、ディーンファンの一部からピリピリしたコメントが噴出するほどだったそうです。それもこれも桜井ユキさんの妖艶な演技あってこそですよね。

 

しかし、そんな桜井ユキさんですが、「芝公園」ではとても地味で内気な引きこもりの女性を演じ、その姿はまるで幼気な少女のようでした。

「モンテ・クリスト伯」では、年相応の大人っぽい女性に見えていたので、思わず「芝公園」は古い作品の再放送なのか?と確認してしまったほどです。(笑)

 

上手いという評価について

桜井ユキさんの演技が上手いというコメントをいくつか紹介したいと思います。

こちらは、「絶対正義」出演時の桜井ユキさんに寄せられたコメントです。

 

「迫真の演技という表現がぴったりのすごい演技力!」

 

「桜井ユキ、かっこいいし演技うまいしキレイだし好き!」

 

「桜井ユキはいつどのドラマ見ても良い演技してるよね。
好きな女優さんのひとりです。」

 

桜井ユキさんは、2019年は、1月クールのドラマ「絶対正義」に出演したあと、4月クールには「東京独身男子」に出演されました。

 

こちらのドラマでは、斎藤工さん演じる三好玲也の誘いを上手く交わす小悪魔的な魅力を持った女性の役を上手く演じています。

その一方で、滝藤賢一さん演じる岩倉和彦の前では、かなり仕事ができる弁護士です。

 

小悪魔的な色気があるのに、優秀で誠実だなんて、ギャップ萌えも甚だしいですよね。

桜井ユキさんが演じるキャラクターはいつも魅力的に見えます。

 

下手という評価について

桜井ユキさんの演技が下手という意見をネット上では見つけることができませんでした。

桜井ユキさんは、実際、どんな役であってもとても自然でなめらかな演技をされるので、演技が下手という見方はあまりないかと思われます。

 

また、桜井ユキさんは、美人ですが媚びない爽やかな雰囲気があります。

美人を売りにするのではなく、さまざまな役どころに挑戦し、実力派女優としての道を歩もうとしている姿勢も好感が持てます。

 

よって女性から嫌われる要素はほとんどありませんので、女性を苛つかせることはないでしょうね。アンチコメントがない理由も容易に想像がつきます。

しかし、知名度が高くなり、人気者になり、たくさんの人の目に止まってしまうと、
どうしても一定数のアンチや誹謗中傷コメントはどこからともなく生まれてくるものです。

 

悪く言えば、桜井ユキさんはまだ十分に世間一般の人に認知されていない、興味を持たれていないということになります。

桜井ユキさんがもっともっと有名になって、賛否両論たくさんの声が吹き荒れるようになればいいですね。(笑)

 

スポンサードリンク

まとめ

今回は、美人でかわいい実力派女優の桜井ユキさんの演技力について、まとめました。

桜井ユキさんは今後もっともっと知名度が上がってゆき、連ドラで主演に近い役がたくさんまわってくる女優さんになると思われます。

 

桜井ユキさんの演じるキャラクターは、どんな役でもいつもいきいきとしていて素敵なので、ぜひ注目してご覧になってください。

 

【関連オススメ記事】

G線上のあなたと私」が面白い!作品の魅力を徹底解説

波瑠の演技力【上手い?下手?】評価や役者としての魅力

鈴木伸之の演技力【上手い?下手?】評価や役者としての魅力

 

俳優・女優の演技力カテゴリの最新記事