中丸雄一の演技力【上手い?下手?】評価や役者としての魅力

NO IMAGE

大人気ジャニーズグループ・KAT-TUNのメンバーとして活躍する中丸雄一さんですが、
中丸雄一さんは歌手としての活動にとどまらずバラエティや情報番組、ドラマなどでも活躍しています。

今回は、そんな中丸雄一さんの役者としての一面にスポットを当てていきます。

 

中丸雄一さんの演技力に関しては「上手い」という意見も「下手」という意見もありますが、
果たしてどちらの評価が正しいのか、役者としての魅力とともに見ていきます。

 

スポンサードリンク

中丸雄一の役者としての魅力

中丸雄一さんは現在35歳です。

中丸雄一さんは、1998年に15歳でジャニーズ事務所入所し、2001年 にKAT-TUNを結成しました。

そして、2009年には、「RESCUE~特別高度救助隊」で連続ドラマ初主演を果たしました。

 

同年の向井邦子生誕八十年記念スペシャルドラマ「母の贈物」に出演されたときには、監督から
「とにかく感性がいい。『間と勘』が悪いと役者としては失格なんですが、彼には両方揃っている!」
と高い評価を受けました。

 

そして、2015年 「刑事7人」には、死んでしまう役でゲスト出演されましたが、
東山紀之さんに「うちの事務所で一番死体役がうまい!」と言われました。

 

“死体役”の演技がうまい? どういうことなのかと興味がそそられますよね。(笑)

 

そして、2016年 「99.9 刑事専門弁護士」最終話に連続殺人犯の冤罪で捕まってしまう青年の役で出演されました。

鬼気迫る演技で「台詞が少ない中、表情で感情表現しててすごい…」と視聴者を驚かせたそうです。

 

無罪が確定した中丸雄一さんが泣き崩れるシーンでは、もらい泣きしたという視聴者も多かったようで、

中丸雄一さんの演技が素晴らしかった!と大絶賛されました。

 

そして、2017年「マッサージ探偵ジョー」では、主演を果たします。

中丸雄一さんの“普通っぽさ”が全面に生かされ、自然体の演技が光りました。

そして“顔芸”とでも言うべき表情がコロコロ変わる演技をたっぷりと披露しました。

 

この作品は、“笑える”サスペンスドラマとして好評であり、深夜枠であるにも関わらず、ハマったという人が多かったようですよ。

他にも出演作はたくさんあり、演技力には高い評価があります。特に自然体の演技が得意だと言われています。

 

中丸雄一の演技力の評価/上手い?下手?

例えば中丸雄一さんは、ドラマ「わたし、定時で帰ります。」では吉高由里子さん演じる“必ず定時で帰る”がモットーの32歳独身女性・東山結衣の恋人、諏訪巧を演じました。

 

彼女は、プライベートを大切にしていますので、同じ感覚を持ったマイペースで家庭的な諏訪巧は彼女にとって、理想的な恋人なのです。

 

中丸雄一さん自身もマイペースで気取らない柔らかな雰囲気がありますから、
諏訪巧の役はとても彼に合っていたように思われます。

 

では、実際に視聴者からどのように評価されていたのか、このドラマを例に見ていきたいと思います。

 

上手いという評価について

中丸雄一さんの演技に関しては、下記のような声が上がっております。

 

「諏訪巧の中丸雄一の演技意外と大丈夫かも!」

 

「恋愛している中丸君の演技が久しぶりなので、ワクワクしながらも観ていられるかドキドキです。」

 

「中丸くんの演技がすごく自然。惚れる。」

 

「中丸くん演技めっちゃぎこちないけど何故だか悪い気はしない。」

 

「吉高由里子と中丸くんのいちゃつき具合がたまらん。」

 

「でもっていちゃらぶカップルの中丸くん吉高ちゃんも好き~ 」

 

「わた定のいちゃいちゃ大満足でした。
演技は確かにひとり浮いちゃってる感あったけど中丸くんて素の喋りに抑揚がないから自然な演技を目指すとあんなになってしまうのでは…
多少オーバーぐらいにやると丁度良くなりそう。」

 

「ドラマの中丸さんの演技をいろいろ書かれてるけど、彼は普段からあのトーンなんすよ!!
だから別に棒読みじゃなくてあれが素なんですよ!!
トーンが普段と同じな故に演技やってます感が強くないところに好感できます。」

 

「中丸くんの演技ベタがなんか愛らしい(笑)ぎこちない台詞回しが良い!」

 

意見の中にもありますように、中丸雄一さんは普段からそれほど喜怒哀楽が激しくはなく、淡々と話すタイプなんですね。

 

ドラマの中の諏訪巧はいかにも中丸雄一さんそのものって感じであり、まさに「中丸雄一さんと吉高由里子さんがもしカップルだったら?」という感じがします。

 

一話目の吉高由里子さんにキスされて中丸雄一さんがドギマギしている様子なんかは、アドリブなんじゃないかなーと思うような自然な演技でした。

もしかしたら大物美人女優を前に少し遠慮している中丸雄一さんを吉高由里子さんがリードしているのかもしれませんね。

 

この感じは、戸田恵梨香さん×ムロツヨシさんの「大恋愛」を彷彿とさせるような雰囲気であり、視聴者もほっこりあたたかい気持ちになれるようなラブシーンです。

 

よって「わたし、定時に帰ります。」の中丸雄一さんは、演技中だからセリフが棒読みになっているというわけではなく、
普段の中丸雄一さんらしい自然な話し方はちゃんとできていたと思います。

 

下手という評価について

「主人公の恋人役にキャスティングされるほど演技できたっけ?」などネットでは演技力を不安視する声も多く上がっていますが、

 

それは情報番組やバラエティ番組で中丸雄一さんを見過ぎたせいでないかと思われます。

過去作では高い演技力の評価を得ていますし、今回の役ははまり役だと思うので大丈夫だと思うのですが、中にはこのような意見も見受けられます。

 

「中丸くんの演技が下手過ぎて凄い! マジか! 棒読みすぎるぞ。」

 

「中丸くんってあんな演技棒読みだったっけ?」

 

「向井理がライバルだから余計中丸くんがキツく言われてるのね。」

 

「中丸くんの演技が気になる。。一気に冷めるわ。」

 

「中丸君のキスシーンとかラブシーン見たくないし演技も下手すぎてつらい。」

 

「中丸君出なかった方がもっと単純にドラマとして楽しめたのにいるせいでちょっとソワソワしちゃうし色々見たくないから楽しみ半減なの残念。」

 

吉高由里子さんと恋人同士の設定ですが、中丸雄一さんの演技が気になって冷めてしまうという意見が多いのですね。

 

しかし、このような反対意見を出している人の中には、「中丸雄一さんの普段の姿をあまり知らない人。」逆に中丸雄一さんはアイドルですから、
「嫉妬してしまって中丸雄一さんのラブシーンは見たくないという人」が多いのではないかなという印象でした。

 

全体としては、「中丸くんの下手な演技が自然体で癒やされる。」「ネットでも酷評が多かったけど、キャラ的に許しちゃう。」という意見の方が多数派です。

 

少し、違和感を感じたという人もだんだん慣れてくると思いますよ。

演技が上手い俳優ランキング【153人の順位】若手からベテランまで

 

スポンサードリンク

まとめ

ジャニーズなのに“普通っぽい”ところが魅力とも言われている中丸雄一さん。

中丸雄一さんは、過去作品においては、演技力には定評があるはずなのですが、なぜか「わたし、定時で帰ります。」では、その演技力が不安視されています。

 

上手い?下手? いろんな意見がありますが、中丸雄一さんらしく、諏訪巧をのびのびと最後まで演じてほしいなと思っています。

 

 

俳優・女優の演技力カテゴリの最新記事