パーフェクトワールド 3話のネタバレあらすじ・感想/放送日はいつ?予告も

NO IMAGE

ドラマ「パーフェクトワールド」第3話のネタバレあらすじと感想について、予告や放送前の反響とともに見ていきます。

 

スポンサードリンク

 

パーフェクトワールド第3話の放送日はいつ?

通常なら毎週火曜日に放送されているドラマ「パーフェクトワールド」ですが、4月30日(火)はGW期間ということで放送がお休みになります。

 

よって「パーフェクトワールド」第3話の放送日は

2019年5月7日(火)

となります。

 

4月30日に間違ってテレビの前でスタンバイしてしまわないよう、気をつけましょう。

最終回までの放送日についてはこちら

パーフェクトワールド 最終回はいつ?1話から全話の放送日程まとめ【何話まで?】

 

パーフェクトワールド(ドラマ)3話の予告あらすじ

ドラマ「パーフェクトワールド」第3話の予告あらすじはこちら。

 

自分の幸せために、つぐみ(山本美月)を犠牲にはできないと、一度はつぐみの想いを拒絶した樹(松坂桃李)。しかし、すべてを受け入れると覚悟を決めたつぐみに、樹はあきらめたはずの恋愛をもう一度してみようと思い直す。晴れて付き合うことになった2人は、江の島へ出かけたり、樹の部屋で休暇の予定を相談したりと、恋人らしいデートを重ねる。一方、つぐみにプロポーズすることまで考えていた洋貴(瀬戸康史)は、初恋を実らせたつぐみを祝福するが、内心では大きなショックを受けていた。
その頃、カフェで待ち合わせをしていた樹の後輩の晴人(松村北斗)。すると、そこに現れたのはつぐみの妹のしおり(岡崎紗絵)だった…。

迎えたゴールデンウィーク、つぐみとしおりは樹の車で長野へ帰ることに。その車中、しおりは、つぐみが樹と付き合っていることを父・元久(松重豊)が知ったら…と懸念するが、つぐみは市役所の福祉課に勤めていた父なら応援してくれるはずだと楽観的。とりあえず、今回は両親へのあいさつは見送ることにした2人だったが、実家に到着すると、元久と鉢合わせ。樹は窓を開けてきちんとあいさつするが、元久は、車から降りなかった樹を礼儀知らずだと一刀両断。その言葉にひっかかった、つぐみは思わず、樹が車いすに乗っていることや、最近付き合い始めたことを打ち明ける。すると、しおりの予想通り、元久は大激怒。母の咲子(堀内敬子)もまた、つぐみの将来を心配する。

翌日、樹とつぐみは美姫(水沢エレナ)に呼び出されて公園のカフェへ。そこには、洋貴も来ていて、同級生4人は懐かしい話に花を咲かせるが、父親のことが気になるつぐみの表情はどこか浮かない。洋貴もまた、車いすの樹をかいがいしく世話するつぐみを、複雑な思いで見つめていた。

東京へ帰ってくると樹の部屋にはヘルパーの葵(中村ゆり)がいた。つぐみを見るなり、明らかに顔を曇らせていく葵。樹の苦悩を見てきた葵は、付き合う覚悟ができているのか、つぐみに強く詰め寄っていき…。

出典: www.ktv.jp

 

パーフェクトワールド(ドラマ)3話・放送前の反響

続いて、ドラマ「パーフェクトワールド」第3話の放送前の反響を見ていきます。

 

 

 

 

 

 

 

「パーフェクトワールド」は第2話はとてもキュンキュンするような内容だったので、
第3の放送が待ちきれない人が多いようです。

ただ原作や映画を読んだ利見たりしたことのある方なら分かると思いますが、
ここから最終回まで気持ちよく進んでいくわけではありません。

 

最終回に至るまでに樹たちの前に様々な障壁が立ちはだかり、彼らを苦しめていくことになります。

第3話ではどこまで進むのか、非常に楽しみですね。

【参考】パーフェクトワールド 最終回の結末予想【原作・映画ネタバレから考察】

 

スポンサードリンク

 

パーフェクトワールド(ドラマ)3話のネタバレあらすじ

ドラマ「パーフェクトワールド」第3話の詳しいネタバレあらすじを書いていきます。

 

鮎川樹(松坂桃李さん)と川奈つぐみ(山本美月さん)の交際が始まりました。

付き合うことになった2人が最初に選んだデートは、江の島でした。川奈つぐみはお弁当を作って持っていき、とても楽しいデートとなりました。

また、鮎川樹は交際の記念にとネックレスを川奈つぐみにプレゼントし、彼女は大変喜びました。

 

一方、川奈つぐみに思いを寄せる是枝洋貴(瀬戸康史さん)は、初恋を実らせた川奈つぐみを口では祝福しましたが、大きなショックを受け、動揺していました。

その頃、鮎川樹の後輩の渡辺晴人(松村北斗さん)は、カフェでレンタル彼女と待ち合わせをしています。

 

レンタル彼女として、現れたのは川奈つぐみの妹の川奈しおり(岡崎紗絵さん)でした。

ルックスの良い渡辺晴人に川奈しおりは良い印象を持ったようです。

渡辺晴人もまた川奈しおりを指名すると言いましたが、別れ際に義足が見えてしまいます。

 

川奈しおりは、顔色が変わり、障害者とはつきあえないと言い、慌てて帰っていきました。

そして、ゴールデンウィーク、川奈つぐみとしおりは鮎川樹の車で地元の長野へ帰ることになりました。

今回は、二人が交際していることは黙っておこうと三人は相談します。

 

しかし、実家に到着したところで、父親(松重豊さん)と鉢合わ

せしてしまいました。
鮎川樹は窓を開けてあいさつしたのですが、鮎川樹が帰った後、父親は車から降りて挨拶をしなかったということで、彼は礼儀がなっていないと非難します。

 

かちん川奈つぐみは思わず、鮎川樹が車いすに乗っていることや、最近付き合い始めたことを言ってしまいました。

それを聞いた父親は激怒しました。

母親(堀内敬子さん)川奈つぐみの将来を心配しており、よく考えるようになだめました。

 

川奈つぐみは市役所の福祉課に勤めていた父なら応援してくれるはずだと楽観的に考えていたのでショックを受けます。

翌日、鮎川樹と川奈つぐみと是枝洋貴と雪村美姫(水沢エレナさん)は公園に集まりました。

同級生4人は高校時代の懐かしい話で盛り上がります。

 

川奈つぐみが途中でトイレに立ったときに、なんとなく元気がない彼女を心配した雪村美姫が追いかけてきました。

父親に文句を言われたことを話した川奈つぐみに、雪村美姫も鮎川樹との交際を親に反対されたときのことを話しました。

 

そして、川奈つぐみには絶対あきらめてほしくないと伝えました。

一方、鮎川樹と是枝洋貴は二人きりで話しています。

是枝洋貴がホットドックを買うために席を立っているときに、子供のボールを取ろうとした鮎川樹が車いすで転んでしまいました。

 

是枝洋貴があわてて助けているところにる川奈つぐみたちが帰ってきました。

川奈つぐみは血相を変えて鮎川樹を心配していました。

是枝洋貴は、そんな風にかいがいしく世話する川奈つぐみのことを、複雑な思いで見つめていました。

場面は変わり、川奈つぐみの父親はたくさん薬を飲もうとしていました。

 

しかし、川奈つぐみが帰ってきたのを見て慌てて隠します。

そして、ふたりはまた鮎川樹のことで喧嘩をしてしまいました。

翌日、東京へ帰ってくると鮎川樹の部屋にはヘルパーの長沢葵(中村ゆりさん)がいました。

 

川奈つぐみの顔を見るなり、明らかに長沢葵は不機嫌になります。

鮎川樹の苦悩を見てきた長沢葵は、また鮎川樹が恋人にフラレて辛い思いをすることを心配していました。

鮎川樹が少し外に出ていったすきに、長沢葵は川奈つぐみに付き合う覚悟ができているのかと詰問してきました。

 

そこに鮎川樹が帰ってきました。脚の小指から血が出ています。

長沢葵はテキパキと鮎川樹の手当てをしました。

川奈つぐみは何もできずに戸惑っているだけでした。

 

しかし、川奈つぐみは先程の長沢葵の質問に「わたしなりに覚悟はある」と答えました。

車に乗り込み、ひとりになった長沢葵は、自分の言動を嫁いびりみたいとつぶやき、ため息をつきました。

その日の夜、鮎川樹に長沢葵のことを話しました。

 

長沢葵は鮎川樹にとって特別な存在だからわかっておいてもらいたいと樹は言います。

鮎川樹がどん底にいる時に救ってくれたのは長沢葵でした。

そして、今の会社を紹介してくれたのも長沢葵だと話しました。

 

話を聞き終わったあと、今日泊まって行っていいかと川奈つぐみは聞きました。

鮎川樹は、「ごめん、これ以上は無理なんだ」と申し訳なさそうに言いましたが、川奈つぐみは、朝まで一緒にいたいだけだと言いました。

 

ふたりは一緒にベッドに入ってキスをして、隣同士で眠りました。

そのころ、長沢葵は離婚届を眺めていました。

昔、病院のベッドで寝てる樹にキスしたことを思い出したりしていました。

 

そして、彼女は離婚届にサインをしました。

翌日、是枝洋貴は川奈つぐみから電話がかかってきて鮎川樹の部屋に呼び出されました。鮎川樹のパソコンが壊れたらしいのです。

パソコンを直している間、川奈つぐみが買い物に行くために席を外しました。

 

是枝洋貴は、ずっと川奈つぐみのことが好きだったことを告白し、つぐみを悲しませたら許さないと言いました。

パソコンが直ったので是枝洋貴が帰ろうとしていると、ちょうどつぐみが帰ってきて、マンションのエントランスのところで会いました。

 

思いが溢れた是枝洋貴は川奈つぐみのことを抱きしめてしまいます。

川奈つぐみは「離して」と小声で言いました。

是枝洋貴は我に返り、彼女のことを離して帰っていきました。

 

スポンサードリンク

パーフェクトワールド(ドラマ)3話の感想

ドラマ「パーフェクトワールド」第3話の感想を書いていきます。

 

「パーフェクトワールド」第3話では川奈つぐみと鮎川樹の交際がいよいよ始まりましたね。

ドラマとしてはようやく本題に入った感じです。

普通のカップルならば、交際が始まった直後なんて、バラ色ルンルン気分しかない時期ですが、
障害者と健常者のカップルとなればそういうわけにもいきません。

 

二人の交際に対して、周囲の人はそれぞれにさまざまな思いをいだきます。

そのひとりひとりの思いと彼らは折り合いをつけていかなければならないのです。

まず、川奈つぐみに立ちはだかる一番の問題は父親です。

 

しかし、父親の立場であれば、反対したくなるのは当然のことです。

「パーフェクトワールド」第3話では、川奈つぐみが子供のとき、体が弱かったというエピソードも出てきます。

そんな娘が、障害者の男性と共に生きていくと聞けば、心配になり激昂してしまうというのもわかります。

 

一方、川奈しおりや雪村美姫は障害を持っている男性とは交際はできないと判断する女性として描かれています。

それはそれで彼女たちの考えであり、彼女たちのことを冷たい人間であると非難することはできないと思います。

誰もが自分の人生を真剣に考える上で、優先順位はさまざまです。

 

一番好きな人と一緒にいることよりも、当たり前の楽な人生を歩みたいという考えは至って普通だと思います。

川奈つぐみの場合は、鮎川樹のことは高校時代に好きでたまらなかった初恋の人、その時に手に入らなかった人、ということで、鮎川樹に対しては付加価値が付いています。

 

ですから、告白をした時点では、「好き」「欲しい」という思いだけが先行していて、
障害のある人を支えて一生生きていくということがどういうことかというところまで、明確にはイメージできていなかったかもしれません。

 

そして、そのことを長沢葵は真剣に心配しています。

健常者同士のカップルならば、交際し始めて、性格が合わずにすぐに別れてしまったということも珍しくはありませんが、
鮎川樹の場合は、もしそのようなことになった場合、大きく傷つくのです。

 

たとえ、他のことに理由があったとしても、障害のせいだと思ってしまうのです。

長沢葵にはもちろん鮎川樹に対する恋心もあるのですが、親心のような深い愛情も彼に対して持っています。

ですから、川奈つぐみに対して、きつい態度をとってしまう気持ちは痛いほど伝わってきました。

 

川奈つぐみは本当の意味で、鮎川樹と付き合うということがどういうことなのか知らないといけないし、覚悟を育てていかなければならないといけませんね。

 

パーフェクトワールド(ドラマ)3話の再放送

ドラマ「パーフェクトワールド」第3話の再放送がないか、随時更新していくので、

パーフェクトワールドの再放送日程【1話〜最終回】全国のフジテレビ系列番組表でチェック!でこまめにチェックしておいてください。

 

第3話の見逃し配信動画を今すぐ無料で見たい!

パーフェクトワールド 3話4話5話の動画を無料視聴【見逃し配信や再放送予定】

 

第1話〜最新話までを無料で一気に見たい方はこちら

パーフェクトワールドのドラマ動画を無料視聴【1話〜最終回まで全話】

 

 

 

 

LINE@で裏情報を発信しています!

どうも!
当サイト運営者のイクザマロ・D・ドラマンです!

この度はドラマGARDENの記事を最後まで読んでいただきありがとうございました!
現在LINE@では、

・管理人オススメのドラマ記事の紹介や更新情報

・ドラマ鑑賞がより一層楽しくなるプチ情報

・人生に役立つドラマの名言

・ドラマを見ながらお小遣いを稼ぐ方法

など、LINEだからこそ発信できるような内容を発信しています。

 

記事を読んで分からなかったことなども

LINEに質問していただくことで直接答えていくことができるので、

よかったら友達登録だけでもしてみてくださいね!

↓友達追加はこちら↓

友だち追加
(スマホの方は「友達追加ボタン」をクリック、
PCの方はボタンを押してお手持ちのラインアプリでQRコードを読み込めば
数秒で友達追加が完了します。)