パーフェクトワールド 1話のネタバレあらすじ・感想/樹とつぐみの複雑な再会

NO IMAGE

2019年4月16日放送のドラマ「パーフェクトワールド」第1話のネタバレあらすじと感想について、
予告あらすじや放送前の反響とともに見ていきます。

 

 

スポンサードリンク

 

パーフェクトワールド 1話の予告あらすじ

ドラマ「パーフェクトワールド」第1話の予告あらすじはこちら。

学生時代、イラストレーターを夢見ていた川奈つぐみ(山本美月)は、“卒業したら長野に帰る”という約束を父・元久(松重豊)と交わし、東京の大学へ進学したが、卒業後も長野へは帰らず、現在は大学生の妹・しおり(岡崎紗絵)と暮らしながら、インテリアデザイン会社で事務として働いている。
ある日、上司の東美千代(とよた真帆)から、設計事務所との打ち合わせの席に使いを頼まれたつぐみ。するとそこには、高校時代の同級生で、つぐみの初恋の相手・鮎川樹(松坂桃李)の姿が。樹は設計事務所の社長・渡辺剛(木村祐一)の元で、学生時代からの夢だった建築士として働いていたのだ。偶然の再会に胸が高鳴るつぐみは、バスケ部のキャプテンとして活躍していた高校時代の樹の話を一同に聞かせる。さらに、「もうバスケはやってないの?」と何気なく尋ねるが、次の瞬間、樹が車椅子に乗る姿を見て絶句。実は、樹は大学時代に事故で脊髄を損傷し、歩けなくなっていたのだ。

翌日、無神経な発言で樹を傷つけてしまったと悔やみ、職場まで謝りにきたつぐみを、樹は坂の上の公園に連れ出す。そこで仕事に情熱を燃やす樹の言葉を聞いたつぐみは、不自由な体以外は、かつての樹のままだと気づく。そしてひょんなことから、つぐみが一人で行く予定だった美術展に、樹もいっしょに行くことになる。
約束の日、つぐみが出かけた後のマンションの部屋に、つぐみと樹の同級生で、アプリ制作会社の社長・是枝洋貴(瀬戸康史)が訪ねてくる。高校時代から密かにつぐみに想いを寄せている洋貴は、しおりから、つぐみが樹と出かけたと聞いてショックを受ける。しかしその頃、つぐみはデートのような状況を楽しむどころか、車椅子で外出することの大変さを思い知らされていた。さらに、事故がきっかけで高校時代からの恋人・雪村美姫(水沢エレナ)と別れ、この先はもう誰とも恋愛する気はないという樹の言葉に戸惑ってしまう。

一方、樹の元には美姫から結婚式の招待状が届いていた。留守電には、結婚式の前にもう一度だけ会いたいというメッセージも。その矢先、仕事先で会ったつぐみに「同窓会、行く?」と聞かれた樹は…。

出典: www.ktv.jp

 

パーフェクトワールド 1話の放送前の反響

ドラマ「パーフェクトワールド」第1話の詳しいネタバレあらすじを見ていく前に、第1話放送前の反響についてまとめていこうと思います。

 

 

 

 

 

「パーフェクトワールド」第1話の反響を見ていると、放送を楽しみにしているポジティブな意見がほとんどでした。

 

「パーフェクトワールド」には原作と映画版があるのですが、普通こうした原作や前作があるドラマって、
始まる前にネガティブな意見が寄せられることが多いのですが、ドラマ版「パーフェクトワールド」にはそうした意見は見受けられませんでした。

 

むしろドラマ版は映画版よりも尺がしっかりあるので、その長い尺を使って「パーフェクトワールド」の世界観を細かく描いてくれるのではないかという期待感があるみたいですね。

 

また、キャスト陣にも大変大きな期待が寄せられています。

 

スポンサードリンク

 

パーフェクトワールド 1話のネタバレあらすじ

「パーフェクトワールド」第1話のネタバレあらすじについて、詳しい内容を更新していきます。

 

インテリアデザイン会社で働いている川奈つぐみ(山本美月さん)は、仕事関係の食事会で高校時代の同級生で、

しかも彼女にとって初恋の相手でもあった鮎川樹(松坂桃李さん)と再会します。

 

鮎川樹は設計事務所で働いており、学生時代からの夢だった建築士になったことを川奈つぐみは感慨深く思っていました。

川奈つぐみは鮎川樹に「バスケはやってないの?」と問いかけ、周囲の人に高校時代、彼はバスケ部のキャプテンだったことを話します。

 

そうこうしていると、鮎川樹は帰ると言い出し、同僚が持ってきてくれた車椅子に乗りました。

車椅子を見た川奈つぐみはびっくりして、戸惑いを隠しきれません。

川奈つぐみは鮎川は大学時代に事故で脊髄を損傷し、歩けなくなったと事情を聞かされました。

 

家に戻った川奈つぐみは鮎川樹と再会したことを妹のしおりに話します。

鮎川樹が車椅子だったことを話すと、しおりは、いくらイケメンでもないわ、と言います。
川奈つぐみは傷ついた表情をしています。

 

翌日、鮎川を傷つけてしまったと考える川奈つぐみは、謝りたくて鮎川の職場を訪れました。

鮎川樹は、車椅子のことは誰かに聞いて知っていたと思ってたことと自分の方こそびっくりさせて悪かったと謝ります。

 

鮎川樹は、20歳の時に事故に遭ったことや、仕事のことを話します。
川奈つぐみは、鮎川樹が高校時代からの夢であった一級建築士になれたことをスゴイと褒めます。

そして鮎川樹は「川奈はもう絵を描いていないの?」と問いかけます。

 

その流れから、明日美術展に行くことを伝えると鮎川樹も一緒に行きたいと言いました。

美術展に行くための洋服を川奈つぐみが選んでいると、
父親から電話がかかってきます。父親は30歳になると川奈つぐみが地元に帰ってくるという約束を持ち出しました。

 

美術展に行く当日、鮎川が車で迎えに来たことに川奈つぐみは驚きます。

一方、川奈つぐみのマンションに同級生の是枝洋貴(瀬戸康史さん)が訪ねてきます。

しおりから川奈つぐみが鮎川樹と出かけたことを聞かされ、是枝洋貴は動揺します。
是枝洋貴は川奈つぐみに思いを寄せているようです。

 

その頃、川奈つぐみは、車椅子で外出することの大変さを痛感していました。美術館がバリアフリーではなく、鮎川樹は入れなかったのです。周囲の視線も美術館の対応も冷たいものでした。

リサーチ不足だったことを謝る川奈つぐみに、一緒にいることが申し訳ないと思うから、謝るなよと、鮎川樹は言いました。

 

ふたりはその後、食事に行きました。

鮎川樹は、高校時代から付き合っていた雪村美姫(水沢エレナさん)とは、事故がきっかけで別れたことを話し、この先はもう誰とも恋愛する気はないと言いました。
だから川奈つぐみのことをそういう目で見ることはないから安心するようにと言いました。

 

川奈つぐみと是枝洋貴が話しています。
その中で、鮎川樹が車椅子であることを受け入れられないのは、川奈つぐみ自身ではないかと指摘され、戸惑います。

 

数日後、川奈つぐみの事務所に鮎川樹がやってきました。ふたりの話題は、同窓会の話になり、一緒に出席することになりました。

そして、迎えた同窓会の日。

 

川奈つぐみは、鮎川樹のお願いで、彼の恋人のふりをする役目を引き受けることになりました。

そこに雪村美姫が現れ、鮎川樹とふたりで話したいと言いました。
落ち着かない川奈つぐみがウロウロとしていると、たまたま鮎川樹と雪村美姫が話しているのを見つけてしまいます。

 

雪村美姫は、鮎川樹に結婚を祝福してほしいということと今でも鮎川樹しか好きではないと言うが、鮎川樹は動揺し腹を立てます。

鮎川樹は、そのまま帰ってしまったようです。

 

そのことに気がついた川奈つぐみは慌てて、彼を追いかけます。

川奈つぐみは追いつきましたが、雪村美姫のことで気が動転していた鮎川樹は情緒が不安定になっており、排泄の失敗をしてしまったようです。

 

鮎川樹は、恥ずかしがり、来ないでくれと言いますが、川奈つぐみは、そっと彼の膝にコートをかけて車椅子を押してあげました。

部屋に戻ると鮎川樹は少し落ち着いたようでした。

 

鮎川樹は自分の体に埋め込まれていた大きな金属を見せてくれたり、事故に遭った時のことを話してくれたりしました。

その時は、死ぬことすら考えたという鮎川樹に対して、

川奈つぐみは、それでも夢を実現したことはスゴイと励まします。

 

自分は絵を描く仕事をしたいという夢を諦めたことを話すと、人生は一回きりだから、やりたいことやらないと!」と鮎川樹は、笑顔で言いました。

鮎川樹と川奈つぐみは、雪村美姫の結婚式に参列しました。鮎川樹は清々しい顔をしています。

 

場面は変わり、鮎川樹の事務所を川奈つぐみが訪れると、みんなが騒然としていました。
鮎川樹が褥瘡ができて、高熱が出て、入院してしまったと聞きます。

川奈つぐみは、慌てて病院に行きました。
鮎川樹は、コンペの作業をすると言いはっています。
川奈つぐみは、病室で彼の仕事を手伝うことにしました。

 

嘔吐をしながら仕事をしている鮎川樹に、川奈つぐみは次頑張ればいいと励ましますが、次なんかない、いつ死ぬかもわからないんだと言います。

川奈つぐみは色塗りを手伝うと言いました。鮎川樹は川奈つぐみの絵の才能を評価していて、お願いしたいと言いました。

 

そうして、鮎川樹の仕事は無事完成し、コンペは通ったようです。

その喜びを川奈つぐみと分かち合う中で、二人は顔が近づき、キスをする雰囲気になりますが、鮎川樹はやめてしまいます。

 

そこに、ヘルパーの長沢葵が現れ、そばにいなくてごめん、と言いながら、鮎川樹のことを抱きしめました。

 

スポンサードリンク

 

パーフェクトワールド 1話の感想

続いて「パーフェクトワールド」第1話の感想について、詳しい内容を更新していきます。

 

山本美月さんが演じる川奈つぐみが瑞々しくて、こちらにまでそのドキドキや戸惑いが伝わってきて、胸が熱くなりました。

学生時代に憧れてやまなかった男性に偶然再会して親しくなれた嬉しさと、その彼が車椅子になっていたことへのショックをどう受け止めたら良いのだろうかと自分の立場で考えていました。

 

そして、鮎川樹の元カノの雪村美姫の立場についても考えさせられました。

車椅子になった彼氏に別れを切り出されて受け入れてしまった気持ちはわかります。

愛があれば大丈夫と言い切れるほど単純なことではないと思います。

 

雪村美姫が好きなのは、鮎川樹だけと言った言葉は本物でしょう。

健康な身体の彼と一緒に生きることを心から望んでいたことと思います。

しかし、二十歳で車椅子の男性を一生支える覚悟を決めることは難しかったというのは容易に想像できます。

また情緒が不安定になっている鮎川樹のメンタル的なケアをするのは並大抵のことではないでしょう。

 

おそらく自分が雪村美姫と同じ立場であっても、彼女と同じように逃げ出してしまったと思います。

ただ、だからと言って、鮎川樹に自分の結婚を祝福してほしいとお願いするのは、少し無神経かなと思います。

とは言っても、男女の関係はさまざまですから、雪村美姫は鮎川樹にそれくらい甘えても良い関係だったのかもしれませんね。

 

そう考えると川奈つぐみが鮎川樹と再会したタイミングは悪くなかったかもしれません。

今の鮎川樹は、もう死にたいと思っている精神状態ではないし、建築士になるという自分の夢も叶えていて前向きな姿勢でいます。

 

鮎川樹自身は、もう恋愛はしないと決めているようですが、鮎川樹の本来の性格の魅力やルックスのカッコ良さは充分に伝わる状態であるため、

川奈つぐみが惹かれてしまうのはわかる気がします。

 

今は街の中の施設はどこもバリアフリーが進んでいて暮らしやすくなっているなぁというイメージを抱いていたのですが、

それはあくまで健常者の目線に過ぎないのですね。

障害者の人が諦めなければならないことはたくさんあるのかもしれません。

 

そして、このドラマを見てからは、自分の街のバリアフリーの状況が気になるようになりました。

その視点で見渡すと、階段しかないオシャレなカフェやエレベーターがない駅前のスーパーなど車椅子の人には行けない場所が想像以上にたくさんあってショックを受けました。

 

また、この作品の中では、車椅子利用者の方の生活について、事細かく描かれていたので勉強になることは多かったです。

自宅に戻った後に部屋用の車椅子に乗り換えるシーンや、足が動かない人が乗る自動車の仕組みや、

また自動車から降りて車椅子に乗り換える様子など、こんなふうにしてたんだなぁと知ることができました。

 

また、体調のことは個人差があると思いますが、鮎川樹の場合は、ただ足が動かないというだけではなく、下半身の麻痺という障害まで抱えています。

女性の前での排泄の失敗の恥ずかしさは耐え難いものだと思うし、

倒れたときに背中にできていた皮膚の炎症も目をそらしたくなるほど痛々しいものでした。

 

車椅子の人がどんな生活をしていて、どんな思いを抱えているのかなんて、今まで考えたこともなかったことでした。

人気の俳優さんたちが出演している恋愛ドラマですから、若い視聴者も多いことと思います。

 

そういうドラマの中で障害者の方の現実に触れることは意味のあることだと思います。

駐車場の障害者用スペースに平気で車を置くような人の中には、車椅子利用者のことをきちんとイメージできていないというだけの人も多いかと思われます。

 

そして、さらに気になったのは、障害者の人を見る周囲の人の冷たい目でした。

鮎川樹や川奈つぐみのことを美術館で騒いでいるはしたない人だとでも思っているのでしょうか?

 

だとしたら、はしたないの意味をはき違えていますね。

あれが障害者の人を取り巻く環境の現実なのならば、情けないなぁと思ったし、

万が一自分が障害者になってしまったら‥と思うと恐怖を感じました。

 

このドラマをきっかけに社会全体が障害者の人に思いやりを持てるようになればいいなと思います。

 

そして、ラストシーンになってついに長沢葵が登場しましたね。

川奈つぐみの最大のライバルとなるわけですが、それにしても鮎川樹はモテますね。

鮎川樹を演じているのは松坂桃李さんであり、カッコいいのでなんとなく納得してしまいます。

 

しかし、高校時代の回想も松坂桃李さんや山本美月さんでやってほしかったなぁと思います。

まだまだキャストのみなさんは高校生に見えますし、同じ役者さんを使っていただいた方が視聴者もわかりやすいですよね。

川奈つぐみの記憶に貼りついている鮎川樹のバスケをしている姿も松坂桃李さんである方が私達もイメージがしやすかったと思います。

 

次週からは長沢葵や是枝洋貴の登場シーンももっと増え、彼らの恋心が交錯することと思います。

どんな展開になっていくのか楽しみですね。

 

パーフェクトワールド 1話の動画【見逃し配信】

ドラマ「パーフェクトワールド」第1話の放送を見逃した、もう一度見直したい!という方もいるでしょう。

 

そんな方には「パーフェクトワールド」の動画をどこよりもお得に視聴する方法について紹介しているので、こちらの記事を参考にしてください。

パーフェクトワールド 1話の動画を無料視聴【見逃し配信】放送前の見どころも

 

最新話までイッキ見

パーフェクトワールドのドラマ動画を無料視聴【1話〜最終回まで全話】

 

 

 

 

 

LINE@で裏情報を発信しています!

どうも!
当サイト運営者のイクザマロ・D・ドラマンです!

この度はドラマGARDENの記事を最後まで読んでいただきありがとうございました!
現在LINE@では、

・管理人オススメのドラマ記事の紹介や更新情報

・ドラマ鑑賞がより一層楽しくなるプチ情報

・人生に役立つドラマの名言

・ドラマを見ながらお小遣いを稼ぐ方法

など、LINEだからこそ発信できるような内容を発信しています。

 

記事を読んで分からなかったことなども

LINEに質問していただくことで直接答えていくことができるので、

よかったら友達登録だけでもしてみてくださいね!

↓友達追加はこちら↓

友だち追加
(スマホの方は「友達追加ボタン」をクリック、
PCの方はボタンを押してお手持ちのラインアプリでQRコードを読み込めば
数秒で友達追加が完了します。)