インハンド 1話のゲストキャスト/江里口や倉井局長、黒野院長役の俳優

NO IMAGE

今回は、ドラマ「インハンド 」第1話に登場するゲストキャストについてまとめていきます。

第1話に登場したゲストキャストは大御所俳優さんばかり。

 

そんな大御所俳優たちが主演の山下智久さんたちとどのようなやり取りを繰り広げていくのか、注目していきたいところです。

 

メインキャストについてはこちら

インハンド キャスト一覧【各出演者の役柄と見どころ】

 

スポンサードリンク

 

インハンド 1話のゲストキャストまとめ

第1話のゲストキャスト①風間杜夫 – 江里口新役

役どころ

風間杜夫さんが演じるのは、シャーガス病という未知の感染病で一人娘を亡くした父親、江里口新(えりぐちあらた)です。

10年前、ある食品会社が発売した特定保健用食品のオイルが、シャーガス病を引き起こし、複数の死者を出すという事件が起こりました。

 

シャーガス病は、日本ではほとんど馴染みのない病気です。

皮膚炎に悩んでいた江里口の娘は、自分のアレルギーに効果があることを期待し、藁をもつかむ思いでそのオイルを使用しました。

 

しかし、それが原因で、彼女はシャーガス病に感染してしまったのです。

そして彼女は、シャーガス病の症状に悩まされた挙げ句、自殺に至りました。

 

それから10年が経ち、新たにシャーガス病に感染した疑いのある患者が、相次いで死亡するという事件が発生しました。

紐倉たちは、シャーガス病について調べていく上で、被害者遺族の一人である江里口と出会います。

 

江里口は、娘を亡くした後、妻とも離婚しており、独り身で、広い家で一人、悲しみからまだ立ち直れないでいました。

 

注)
シャーガス病は南米の地域で多い、寄生虫が原因となる病気です。
シャーガス病には2つの病期があります。 第1期では、感染から約2か月間、急性症状が続きます。
急性期には、血中に多くの原虫が存在します。
ほとんどの患者では、症状はないか軽度ですが、発熱、頭痛、リンパ節の腫脹、蒼白、筋肉痛、呼吸困難、浮腫、腹痛、胸痛がみられることもあります。

風間杜夫さんのプロフィールや経歴

読み方 かざま もりお

本名および旧芸名 住田 知仁〈すみた ともひと〉

生年月日 1949年4月26日(70歳)※2019年4月現在

職業   俳優、落語家

出身地  東京都世田谷区三軒茶屋

 

☆主な作品 テレビドラマ

『沿線地図』

『スチュワーデス物語』

『春の波涛』

『八百八町夢日記』

『甘辛しゃん』

『CHANGE』

『ゲゲゲの女房』

☆主な作品 映画

『蒲田行進曲』

『陽暉楼』

『人生劇場』

『異人たちとの夏』

☆受賞歴

受賞日本アカデミー賞第6回?最優秀助演男優賞
『蒲田行進曲』(1982年)

第7回?最優秀助演男優賞
『陽暉楼』(1983年)
『人生劇場』(1983年)

 

インハンド での見どころ

風間杜夫さんと主演の山下智久さんは今回が初共演となります。

 

変わり者の天才科学者という今までの山下智久さんにはないイメージの役に挑戦しようとしている山下智久さんと、
70歳という年齢を迎えてもなお、演技の可能性を追求している風間杜夫さんが、どのような化学反応を起こすのかと、視聴者の期待が高まっています。

 

しかも、涙なしには見られない2人の感動シーンもあるとのことでますます注目ですね。

風間杜夫さんを起用するにあたり、プロデューサーの浅野敦也さんは「このドラマは最新科学にまつわるミステリーですが、
紐倉たちが苦しんでいる人たちを救いだすヒューマンドラマでもあります。

 

1話のゲスト・江里口役は非常に重要な役どころで、名優・風間杜夫さんであれば素晴らしいお芝居で情感豊かに演じてくださるに違いないと思いオファーしました。

風間さんは、1話の台本がとても面白くて新しく、ヒューマンな魅力に溢れていると感じられると仰っていただき、お引き受けくださいました。

 

山下さん、濱田さん、菜々緒さん、そして風間さんによる、感動のラストシーンにご期待ください!」と語りました。

 

若いときはイケメン俳優として、中年期以降は可愛げのあるおもしろいおじちゃん俳優として人気のある風間杜夫さんですが、
今回はシリアスで悲しいお芝居をする風間杜夫さんが見られるようです。

 

「インハンド」の大切な一話目のメインゲストとして、素晴らしい演技を見せてくれることと思います。

 

第1話のゲストキャスト②相島一之 – 倉井雄一役

インハンド での役どころ

当時は、食品安全委員会の総括課長補佐だったのですが、現在は厚労省の局長です。

厚労省の委員会を開き、こっそり事件の幕引きをはかりました。

 

相島一之さんのプロフィールや経歴

読み方  あいじまかずゆき

生年月日 1961年11月30日(57歳)※2019年4月現在

出生地  日本・埼玉県熊谷市

身長   176?cm

血液型  A型

職業   俳優

 

☆主な作品 テレビドラマ

『新選組!』

『ショムニ』

『JIN-仁-』

『さくらの親子丼2』

『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』

 

インハンドでの見どころ

事件を隠蔽しようとしている悪のボスキャラといったところでしょうか。

相島一之さんは、名バイプレイヤーとして、かなり長い間ドラマの世界で活躍されている役者さんであり、
人の良い役からちょっと一癖ある役まで、リアルに演じることのできる役者さんです。

 

役に応じて、顔の印象までもガラリと変えてしまう相島一之さんにいつもびっくりさせられています。

今回はブラックな方の相島一之さんが見れるようですね。

小憎たらしい演技で、視聴者を煽ってくれることと思います。

 

「インハンド」第一話めを大いにかき回してくれることを期待しています!

 

第1話のゲストキャスト③正名僕蔵 – 黒野秀之役

インハンド1話での役どころ

シャーガス病に罹患している患者がいることを把握していながら、
カルテを改ざんして、届出を怠っている病院の院長です。

 

俳優のプロフィールや経歴

読み方  まさな ぼくぞう

本名   正名 文夫(まさな ふみお)

生年月日 1970年8月11日(48歳)※2019年4月現在

出生地  日本?神奈川県川崎市

身長   174?cm

血液型  O型

 

☆受賞歴

第17回東京スポーツ映画大賞:助演男優賞(「それでもボクはやってない」(2007年)- 大森光明裁判官 役に対して)

 

☆主な作品 テレビドラマ

『ショムニ』

『HERO』

『遺留捜査』

『DOCTORS〜最強の名医〜』

 

☆主な作品 映画

『それでもボクはやってない』

『ジェネラル・ルージュの凱旋』

『オトナ高校』https://drama-garden.com/wp-admin/plugins.php

『イノセンス 冤罪弁護士』

インハンド1話での見どころ

2019年冬ドラマ『イノセンス』で、ちょっとだけ意地悪な役を絶妙に演じていた正名僕蔵さん、
今回の役どころもちょっとした小悪党といった感じでしょうか。

正名僕蔵さんは、ドラマをよく見ている人であれば、名前は知らなくても顔を見れば「あー」とわかる人も多いはずです。

 

しっかり「インハンド」の一話目を盛り上げてくれることと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

まとめ

「インハンド」一話目のゲストには、演技力に定評があるベテラン俳優さんが三人も出演します。

一話目は、視聴者がそのドラマを見るかどうか判断する非常に大切な回です。

 

「インハンド」は、花のある若手俳優さんをゲストに迎え、視聴者の興味を引き寄せるという作戦ではなく、
しっかりと内容のあるお芝居を見せて視聴者の心をぐぐっと掴むという方向性なのだと思います。

 

脚本やストーリーに自信があるということの表れですね。

 

 

 

LINE@で裏情報を発信しています!

どうも!
当サイト運営者のイクザマロ・D・ドラマンです!

この度はドラマGARDENの記事を最後まで読んでいただきありがとうございました!
現在LINE@では、

・管理人オススメのドラマ記事の紹介や更新情報

・ドラマ鑑賞がより一層楽しくなるプチ情報

・人生に役立つドラマの名言

・ドラマを見ながらお小遣いを稼ぐ方法

など、LINEだからこそ発信できるような内容を発信しています。

 

記事を読んで分からなかったことなども

LINEに質問していただくことで直接答えていくことができるので、

よかったら友達登録だけでもしてみてくださいね!

↓友達追加はこちら↓

友だち追加
(スマホの方は「友達追加ボタン」をクリック、
PCの方はボタンを押してお手持ちのラインアプリでQRコードを読み込めば
数秒で友達追加が完了します。)